Phase One / MamiyaLeaf の最新情報を掲載しています。
お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へお願いいたします。


2017年09月22日

Capture Pilot 1.11 リリース!

IMG_0050.PNG

Capture Pilot 1.11 がリリースされました。
Capture Pilot は、iPhone, iPad, iPod touch などの iOS デバイスで、撮影画像の確認、レーティング、カラータグ付け、カメラコントロールなどができるアプリです。
無料でダウンロードしてご利用頂けます。(カメラコントロールはアプリ内課金が必要)

iOS 互換性、インターフェースなどを改善したサービスリリースです。

- XF 機能アップデート #4 互換
- フォーカスツール (機能アップデート #4 がインストールされたXF カメラシステム、IQ2、IQ3 が必要)
- システム要件: iOS10 以上

下記の iTunes App Store からダウンロードできます。
https://itunes.apple.com/jp/app/capture-pilot/id404906435?mt=8

posted by Phase One at 08:58| Capture Pilot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

XF機能アップデート#4 リリース!

XFFU4.jpg

XFカメラに多くの画期的機能を追加する新しいファームウェア「XF 機能アップデート #4」がリリースされました。
このファームウェアをXFカメラにインストールすることで、以下の新機能が追加されます。

機能アップデート #4 カメラパッケージ内容:

• オートフォーカス & リコンポーズ モード (AFr)

- フォーカスを合わせた後にフレーミングが変更され、中心位置や角度が変更になった時のコサイン誤差を自動補正し、ピンボケを防ぎます。
*現在対応しているレンズ Schneider Kreuznach ブルーリング: 80mm LS f/2.8, 110mm LS f/2.8, 150mm LS f/2.8

• AFr ズーム
- AFr モードと連携し、補正されたフォーカス位置をIQ デジタルバックのスクリーンに 100% で拡大表示し、撮影直後にフォーカスを瞬時に確認することが可能になります。

• フォーカストリム ツール
- 全てのAFレンズで、専用のフォーカスターゲットとライブビューを使用して、簡単にレンズごとにフォーカストリム キャリブレーションをすることができます。
この機能により、レンズごとのフォーカス誤差を解消することが可能になります。

• オート・フォーカススタック・カリキュレータ
- デジタルバックの解像度、設定された絞り値、レンズ焦点距離から、フォーカススタックに必要なフレーム数を自動計算、設定します。
この機能により、フレーム数を予測やトライ&エラーに頼ることなく、スムーズに撮影を行うことが可能になります。
*現在対応しているレンズ Schneider Kreuznach ブルーリング: 80mm LS f/2.8, 120mm LS f/4.0 Macro, Phase One 120mm AF Macro f/4.0

• フォーカス ナッジ
- AFでフォーカスを合わせた後にダイヤルでフォーカスを微調整することができます。この機能により、レンズの AF/MF を切り替えることなくフォーカスを微調整することが可能になります。

• バイブレーション解析
- XFトップスクリーンに露光中のカメラの振動を視覚的に表示します。この機能により、露光中にカメラブレが起きていたかを瞬時に確認することが可能になります。

• 無期限バイブレーションディレイ
- 振動が収まるとシャッターがリリースされるバイブレーションディレイモードを拡張し、振動が収まるまでの待機時間を無期限に設定することが可能になりました。これにより、確実にカメラブレのない撮影が可能になります。

• Profoto リモート・シャッターリリース
- Profot Air リモートで XF カメラのシャッターリリースが可能になりました。この機能により、簡単にリモートでシャッターをリリースすることが可能になります。 *B/T モード非対応

• キャプチャー解析ポップアップ コントロール
- 撮影後にXFトップスクリーンに表示される視覚的フィードバックをカスタマイズすることができます。この機能により、撮影直後に確認したい項目を自由に選択することが可能になります。

• 電子シャッターの外部リリース(ES)
- 対応リリースケーブルから、電子シャッターのリリースが可能になりました。この機能により、さらに振動の少ない撮影が可能になります。

• イメージブラウズ
- XF カメラのダイヤルでIQ デジタルバックで画像をブラウズ可能になりました。この機能により、XFカメラのグリップから手を離すことなく、撮影画像をブラウズすることが可能になります。

• B.O.Bによる2ショット リリース

- XF 用のケーブルレリーズ アクセサリー B.O.B を使用して、最初にリリースボタンを押してミラーアップ、2回目でシャッターをリリースして撮影することができます。この機能により、ミラーアップによる振動を軽減することが可能になります。

アップデートについて
XF 機能アップデート #4 は、Phase One XF カメラシステムをお使いの方は、どなたでも無料で簡単にアップデートできます。詳しくは下記リンクをご参照ください。
https://www.phaseone.com/ja-JP/Products/Camera-Systems/XF-Platform-Feature-Updates/Feature-Update-4.aspx

posted by Phase One at 12:56| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

次世代の1億画素デジタルバック IQ3 100MP トリクロマティック リリース!

Hero-Trichro-PinkGirl-Hewitt-Logo-2600x1100px.jpg

Phase One は、新しい1億画素 CMOS センサーを搭載し たデジタルバック「IQ3 100MP トリクロマティック」をリリースしました。
本製品はソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社との協業による新開発の CMOS センサ ーを搭載し、ベイヤーカラーフィルターを 1 から再設計することで、これまで難しかった新緑の 緑や、エメラルドグリーン、空の青、原色の赤、ショッキングピンク、海老茶色、肌の色などを 忠実に再現できるようになり、フォトグラファーが見たままの色を捕らえることができます。 また、パープルフリンンジが大幅に低減され、低感度域を ISO 35 へと拡大したことにより、カ ラーノイズも大幅に低減され、最もクリーンな画質を実現しています。

新開発の 1 億画素 CMOS センサーは、本製品にのみに搭載されます。 本製品の特徴は以下の通りです。

• 新開発 1 億画素トリクロマティック CMOS センサーを搭載
• 肉眼で見たままの色を再現
• パープルフリンジを大幅に低減
• 低感度 ISO 35 による最もカラーノイズの少ないクリーンな画質
• 高感度 ISO 12800 対応
• 電子シャッター搭載
• 長時間露光(最大 60 分)
• HDMI 出力
• WiFi 機能搭載

また、本製品に対応した Capture One Pro 10.2 も同時にリリースしました。
Capture One Pro 10.2 は、本製品を含む対応カメラと対応レンズが追加され、Capture One Pro 10 をお使いの方は、無料でアップデートすることができます。

価格情報
IQ3 100MP トリクロマティック デジタルバックの価格は、税別 4,900,000 円になります。 カメラボディ、レンズ付きのセット価格は、税別 5,600,000 円になります。
詳しい情報は以下のリンクをご覧ください。
https://www.phaseone.com/en/Products/Camera-Systems/IQ-Digital-Backs/IQ3-100MP-Trichromatic.aspx

ラベル:iQ3 Capture One XF
posted by Phase One at 21:07| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

Capture Pilot 1.10 リリース!

IMG_0050.PNG

Capture Pilot 1.10 がリリースされました。
Capture Pilot は、iPhone, iPad, iPod touch などの iOS デバイスで、撮影画像の確認、レーティング、カラータグ付け、カメラコントロールなどができるアプリで、無料でダウンロードできます。
(カメラコントロールはアプリ内課金が必要)

iOS 互換性、インターフェースなどを改善したサービスリリースです。

- XFライクなインタフェース
- iPhone 7 & 7 plus、iPad(2017)、iPad Pro 12.7 & 9.7互換
- iOS10 互換
- 64bit サポート
- 最小システム要件 iOS9、推奨 iOS10 以降

下記の iTunes App Store からダウンロードできます。
https://itunes.apple.com/jp/app/capture-pilot/id404906435?mt=8

posted by Phase One at 10:42| Capture Pilot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

平寿夫写真展 - 自然崇拝の森

Taira2017.jpg

Phase One ユーザである平寿夫 様の写真展が開催されますので、紹介します。

タイトル:自然崇拝の森
会 場 : 京都文化博物館・別館 JARFO京・文博
内 容:紀伊山地に残る自然崇拝の場所、窟、森、木等、信仰の場を撮影
    前回2011年に発表した作品の続編
展示数:カラー A1+サイズ7点、 A3+サイズ7点
出力紙:ハーレミューレ・ジャーマンエッジ
カメラ:Phase One P65+、Houseman SWD HR ディガロンS 23mmF5.6 

会 期 : 2017年6月1日(木)〜 6月30日(金)
開廊時間 : 11:00〜18:00
休廊日 : 月曜日
入場料 : 無料


posted by Phase One at 09:48| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

Capture One 10.1 リリース!

COP10.1_EIZO-straight-MarieBaersch_4000px.jpg

Capture One Pro 10.1がリリースされましました。
新機能追加と機能改善が含まれたサービスリリースです。 

• PSDファイル表示をサポート: Capture One と Adobe Photoshopで簡単にファイルを受け渡しができるようになり、Capture One ワークフローからPhotoshopの処理に切り替えることができます。
• X-Transファイルサポートの改善: 富士フイルムカメラのユーザーのために刷新されたRAW処理プロセスにより、これまで以上にX-Transファイルを柔軟に調整・加工することができます。
• 新しいマスターリセット機能により、前後の画像表示操作がより手早く簡単になりました。
• スタイルワークフローの強化:スタイルツールのユーザーインタフェース刷新により、スタイル選択を簡単かつスピーディーに設定できます。
• トークンに対応したウォーターマークは、現像と印刷の両方で(例えばコンタクトシートのファイル名に基づいて)画像固有のウォーターマークが可能になりました。
• カラーホイールでベクトルスコープ方向が使用できるようになりました 。
• AppleScriptの対応が強化され、Macユーザーはより効果的に作業を自動化することができます。

新たに以下のカメラがサポートされました。

 - Pentax K-70
 - Pentax KP
 - Panasonic GH5
 - Nikon D5600 
 - Nikon D3400 
 - Fuji X-Pro 2
 - Fuji X-T20 
 - Fuji X-A10
 - Fuji XQ2
 - Panasonic TZ85 ZS60 TZ80
 - Panasonic TZ100 ZS100 TZ101
 - Panasonic FZ2000/FZH1
 - Panasonic GX8
 
新たに以下のレンズプロファイルが追加されました。

 - Nikon AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
 - Nikon 1 Nikkor VR 6.7-13 mm F/3.5-5.6
 - Nikon AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
 - Nikon AF-S NIKKOR 70–200mm f/2.8E FL ED VR
 - Panasonic Lumix G X Vario 35-100mm F2.8
 - Sigma 24mm F1.4 DG HSM | A #401
 - Sigma 50-100mm F1.8 DC HSM | Art #693
 - Sigma 85mm F1.4 DG HSM | A #321
 - Sony DT 55-200mm F4-5.6 (SAL55200)
 - Sony DT 55-200mm F4-5.6 SAM (SAL55200-2)
 - Sony E 18–200 mm F3.5-6.3 OSS (SEL18200)
 - Sony FE 100mm F2.8 STF GM OSS (SEL100STFGM)
 - Sony FE 85mm F1.8 (SEL85F18)
 - Sony Vario-Tessar T* FE 16–35 mm F4 ZA OSS (SEL1635Z)
 - Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
 - Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
 - Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2
 - Zeiss Distagon T FE 35 mm F1.4 ZA (SEL35F14Z)
 - Zeiss Loxia 2.4/85 (E-mount)
 - Zeiss Milvus 2/135 (ZE-mount)
 - Zeiss Otus 1.4/28 (ZE-mount)


その新機能と強化された機能は以下のとおりです。

• PSDファイルの読み込みをサポート
 - Capture One Proでは、PSDファイルをビューアに表示して、PSDファイルを編集するフロントエンドとして活用できます。
PhotoshopでPSDを編集・保存し、Capture Oneで互換性を保ったまま表示できます 。詳細情報はリリースノートを参照してください。

• 削除機能
 - 画像削除が変更され、新しい機能が追加され、選択から削除のプロセスで制御機能が向上しました。
 - 旧バージョン同様、アルバムにおける「削除」は、コレクションから選択したバリアントを削除します。
 - カタログゴミ箱(新機能)に移動 - コレクションから削除し、リンクされている画像をカタログ/セッションゴミ箱に移動します。 これはカタログのアルバムを整理したり、オリジナルファイルを同時に削除する場合に便利です。
 - 旧バージョン同様、ディスクからの削除でアプリケーションからファイルが削除され、オリジナル画像は(確認ボックスで承諾後)ディスクから完全に削除されます。

• 刷新されたX-transサポート:
 - フジX-transセンサーカメラのユーザーは、Capture One独自のツールを更に活用できるようになりました。LCC、色収差解析、パープルフリンジ除去ツールなどは、すべてワークフローで使用できるようになりました。
 - X-transファイルでもOpenCLがサポートされるようになりました。
 - Capture One 10.1はフジ X-transの圧縮RAWファイルをサポートしました。

• ビフォア・アフター - Altキーを押しながらマスターリセットアイコンをクリックすると、調整前後のRAWファイルをスピーディーに確認できます。

• スタイルツールのUIは刷新され、多くのスタイルコレクションや、スタックされたスタイルコレクションをメニューで簡単にプレビューできます。

• トークンウォーターマーク
 - 好評いただいているトークンがウォーターマークツールに採用されました。 数回クリックするだけでファイル名などのウォーターマーク動的に作成できます。また、他のツールと同様にトークンはテキストと組み合わせることもできます。 この機能は、印刷時のウォーターマークでも使用できます。
 - ウォーターマークのテキストのクオリティが向上しました。これは特に小さいファイル出力で確認できます。

• カラー調整のベクトルスコープ・カラーホイール
 - カラーホイールをビデオグレーディングアプリケーションで業界標準となっている「ベクトルスコープ」レイアウトに変更できます。

• AppleScript
 - 多くの機能がスクリプティングディクショナリに追加され、パワーユーザーは新しい自動化
を組むことができます。 追加・改善された機能は以下のとおりです。
 - キーワードのインポート、バッチ リネーム/バッチ カウンター、現在のコレクション、次のキャプチャー調整(構成)、カウンター出力、選択、カメラコントロール、ライブ表示の停止、フォルダ同期、調整クリップボード(コピー/ペースト)、ロギング/エラーメッセージの改善

• OpenCL UX初期化プロセスが改善され、環境設定上でステータス/結果/トラブルシューティングのヒントが表示されます。

ダウンロードはこちらから。
https://www.phaseone.com/ja-JP/Download.aspx

posted by Phase One at 18:14| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

銀一スタジオショップ Capture One Pro 10 セミナー 〜上級編〜

COP10_MacPro_Insert_Mawson_4000px.jpg

来たる 5/16 (火)に銀一スタジオショップセミナールームにて「Capture One Pro 10 セミナー 〜上級編〜」が開催されます。
小林 淳 氏を講師に迎え、新機能を中心としたクオリティーの高いRAW調整、各種スライダーの使いこなしを紹介するセミナーとなります。
セミナー参加のお申し込みと詳細は下記をご覧ください。
http://www.studioshop.jp/seminarlist/932-capture-one201705-2

講師:小林 淳 氏
日時:2017年5月16日(火) 14:00〜16:00 質疑応答:16:00〜16:30
場所:銀一スタジオショップ セミナールーム
   東京都中央区月島1-14-9
参加費:¥2,000
定員:20名

小林 淳 氏プロフィール
EIZO認定 ColorEdge Ambassador
Phase One認定 Capture One Ambassador
JPS 公益社団法人 日本写真家協会(09’〜15’ 写真著作権委員)
CPS会員(11/10/27〜12/4/20 キヤノンフォトサークル 第12期ジャンルマスター)
経歴
広告スタジオアシスタントからフリーのアシスタントとして4年間修行。1993年、フリーランスフォトグラファーとして活動開始。
美術芸術関連書籍を中心に広告、建築、料理、医療・経済情報誌など幅広く活動。 2009年からはカメラマンを中心に業界向けデジタルセミナーも行う。


セミナー会場地図


posted by Phase One at 14:22| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

Capture One サブスクリプション料金改定のお知らせ

COP10_Tangentlogo_1_Monty_1900px.jpg

Capture One サブスクリプション(定期契約使用)のライセンス管理費用等の見直しにより、本年5月1日より、新規契約は下記のように料金が改定されます。

5月1日までにサブスクリプション契約をされたお客様は現行料金のままご利用いただけます。
また、12ヶ月契約で12ヶ月分の料金を180ユーロで一括前払いいただくオプションもご用意いたしました。これにより、月額15ユーロ相当でご契約いただけます。

12ヶ月 契約 現行料金:月額 12 ユーロ → 新料金:月額 20 ユーロ
3ヶ月 契約 現行料金:月額 19 ユーロ → 新料金:月額 30 ユーロ

尚、定期使用契約のキャンセルは出来ませんのでご注意ください。
契約期間が完了すると自動更新となりますが、更新を希望しない場合は、マイページから自動更新しないように設定をお願い致します。

ご不明な点がありましたら、お問い合わせください

Capture One サブスクリプション


posted by Phase One at 18:26| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

代官山 北村写真機店 Phase One XF カメラシステム体験撮影会

Peter_Eastway_XF100MP_3.jpg
代官山 北村写真機店 様で4月14日にXFカメラシステム体験撮影会を開催いたします。
XFカメラシステムのご紹介ののち、西郷山公園や北村写真機店で生花の撮影を体験していただくミニ撮影会です。撮影後はCapture Oneで作品に仕上げていくワークフローをご紹介します。

日時: 4月14日(金) (1) 12時〜14時30分 (2) 15時〜17時30分
    各回とも同じ内容です
場所: 代官山 北村写真機店
    東京都渋谷区猿楽町16-15
    代官山 T-SITE GARDEN 4号棟
費用: 無料
参加: 事前登録 各回4名
詳細: http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/03/phase-one-xf.html

posted by Phase One at 16:52| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

Capture One Pro ワークフローセミナー - 銀一

COP10_MacPro_Insert_Mawson_4000px.jpg


銀一様で3月8日、22日に撮影タイプに合わせたCapture One Proのワークフローセミナーを開催いたします。
少人数の実際の撮影ワークフローセミナーです。ぜひこの機会にCapture Oneのワークフローをマスターしてください。これから始める方も是非。

日時:  3月8日(水)  (1)13:00-14:30、(2)15:00-16:30
     3月22日(水) (1)13:00-14:30、(2)15:00-16:30
場所: 銀一スタジオショップ 店内 シューティングスペース
    東京都中央区月島1-14-9
費用: 無料
参加: 事前登録 各回5名
詳細: http://www.studioshop.jp/seminarlist

セミナー内容
3月8日(水)  (1)13:00-14:30、(2)15:00-16:30
トルソーでの撮影ですが、ファッション撮影時の準備からフィニッシュまで少人数で実際の撮影ワークフローでご説明致します。


3月22日(水) (1)13:00-14:30、(2)15:00-16:30
商品撮影時の基本から便利な機能まで。少人数で実際の撮影ワークフローでご説明致します。




posted by Phase One at 21:00| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする