Phase One / MamiyaLeaf の最新情報を掲載しています。
お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へお願いいたします。


2017年05月22日

平寿夫写真展 - 自然崇拝の森

Taira2017.jpg

Phase One ユーザである平寿夫 様の写真展が開催されますので、紹介します。

タイトル:自然崇拝の森
会 場 : 京都文化博物館・別館 JARFO京・文博
内 容:紀伊山地に残る自然崇拝の場所、窟、森、木等、信仰の場を撮影
    前回2011年に発表した作品の続編
展示数:カラー A1+サイズ7点、 A3+サイズ7点
出力紙:ハーレミューレ・ジャーマンエッジ
カメラ:Phase One P65+、Houseman SWD HR ディガロンS 23mmF5.6 

会 期 : 2017年6月1日(木)〜 6月30日(金)
開廊時間 : 11:00〜18:00
休廊日 : 月曜日
入場料 : 無料


posted by Phase One at 09:48| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

Capture One 10.1 リリース!

COP10.1_EIZO-straight-MarieBaersch_4000px.jpg

Capture One Pro 10.1がリリースされましました。
新機能追加と機能改善が含まれたサービスリリースです。 

• PSDファイル表示をサポート: Capture One と Adobe Photoshopで簡単にファイルを受け渡しができるようになり、Capture One ワークフローからPhotoshopの処理に切り替えることができます。
• X-Transファイルサポートの改善: 富士フイルムカメラのユーザーのために刷新されたRAW処理プロセスにより、これまで以上にX-Transファイルを柔軟に調整・加工することができます。
• 新しいマスターリセット機能により、前後の画像表示操作がより手早く簡単になりました。
• スタイルワークフローの強化:スタイルツールのユーザーインタフェース刷新により、スタイル選択を簡単かつスピーディーに設定できます。
• トークンに対応したウォーターマークは、現像と印刷の両方で(例えばコンタクトシートのファイル名に基づいて)画像固有のウォーターマークが可能になりました。
• カラーホイールでベクトルスコープ方向が使用できるようになりました 。
• AppleScriptの対応が強化され、Macユーザーはより効果的に作業を自動化することができます。

新たに以下のカメラがサポートされました。

 - Pentax K-70
 - Pentax KP
 - Panasonic GH5
 - Nikon D5600 
 - Nikon D3400 
 - Fuji X-Pro 2
 - Fuji X-T20 
 - Fuji X-A10
 - Fuji XQ2
 - Panasonic TZ85 ZS60 TZ80
 - Panasonic TZ100 ZS100 TZ101
 - Panasonic FZ2000/FZH1
 - Panasonic GX8
 
新たに以下のレンズプロファイルが追加されました。

 - Nikon AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
 - Nikon 1 Nikkor VR 6.7-13 mm F/3.5-5.6
 - Nikon AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
 - Nikon AF-S NIKKOR 70–200mm f/2.8E FL ED VR
 - Panasonic Lumix G X Vario 35-100mm F2.8
 - Sigma 24mm F1.4 DG HSM | A #401
 - Sigma 50-100mm F1.8 DC HSM | Art #693
 - Sigma 85mm F1.4 DG HSM | A #321
 - Sony DT 55-200mm F4-5.6 (SAL55200)
 - Sony DT 55-200mm F4-5.6 SAM (SAL55200-2)
 - Sony E 18–200 mm F3.5-6.3 OSS (SEL18200)
 - Sony FE 100mm F2.8 STF GM OSS (SEL100STFGM)
 - Sony FE 85mm F1.8 (SEL85F18)
 - Sony Vario-Tessar T* FE 16–35 mm F4 ZA OSS (SEL1635Z)
 - Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
 - Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
 - Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2
 - Zeiss Distagon T FE 35 mm F1.4 ZA (SEL35F14Z)
 - Zeiss Loxia 2.4/85 (E-mount)
 - Zeiss Milvus 2/135 (ZE-mount)
 - Zeiss Otus 1.4/28 (ZE-mount)


その新機能と強化された機能は以下のとおりです。

• PSDファイルの読み込みをサポート
 - Capture One Proでは、PSDファイルをビューアに表示して、PSDファイルを編集するフロントエンドとして活用できます。
PhotoshopでPSDを編集・保存し、Capture Oneで互換性を保ったまま表示できます 。詳細情報はリリースノートを参照してください。

• 削除機能
 - 画像削除が変更され、新しい機能が追加され、選択から削除のプロセスで制御機能が向上しました。
 - 旧バージョン同様、アルバムにおける「削除」は、コレクションから選択したバリアントを削除します。
 - カタログゴミ箱(新機能)に移動 - コレクションから削除し、リンクされている画像をカタログ/セッションゴミ箱に移動します。 これはカタログのアルバムを整理したり、オリジナルファイルを同時に削除する場合に便利です。
 - 旧バージョン同様、ディスクからの削除でアプリケーションからファイルが削除され、オリジナル画像は(確認ボックスで承諾後)ディスクから完全に削除されます。

• 刷新されたX-transサポート:
 - フジX-transセンサーカメラのユーザーは、Capture One独自のツールを更に活用できるようになりました。LCC、色収差解析、パープルフリンジ除去ツールなどは、すべてワークフローで使用できるようになりました。
 - X-transファイルでもOpenCLがサポートされるようになりました。
 - Capture One 10.1はフジ X-transの圧縮RAWファイルをサポートしました。

• ビフォア・アフター - Altキーを押しながらマスターリセットアイコンをクリックすると、調整前後のRAWファイルをスピーディーに確認できます。

• スタイルツールのUIは刷新され、多くのスタイルコレクションや、スタックされたスタイルコレクションをメニューで簡単にプレビューできます。

• トークンウォーターマーク
 - 好評いただいているトークンがウォーターマークツールに採用されました。 数回クリックするだけでファイル名などのウォーターマーク動的に作成できます。また、他のツールと同様にトークンはテキストと組み合わせることもできます。 この機能は、印刷時のウォーターマークでも使用できます。
 - ウォーターマークのテキストのクオリティが向上しました。これは特に小さいファイル出力で確認できます。

• カラー調整のベクトルスコープ・カラーホイール
 - カラーホイールをビデオグレーディングアプリケーションで業界標準となっている「ベクトルスコープ」レイアウトに変更できます。

• AppleScript
 - 多くの機能がスクリプティングディクショナリに追加され、パワーユーザーは新しい自動化
を組むことができます。 追加・改善された機能は以下のとおりです。
 - キーワードのインポート、バッチ リネーム/バッチ カウンター、現在のコレクション、次のキャプチャー調整(構成)、カウンター出力、選択、カメラコントロール、ライブ表示の停止、フォルダ同期、調整クリップボード(コピー/ペースト)、ロギング/エラーメッセージの改善

• OpenCL UX初期化プロセスが改善され、環境設定上でステータス/結果/トラブルシューティングのヒントが表示されます。

ダウンロードはこちらから。
https://www.phaseone.com/ja-JP/Download.aspx

posted by Phase One at 18:14| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

銀一スタジオショップ Capture One Pro 10 セミナー 〜上級編〜

COP10_MacPro_Insert_Mawson_4000px.jpg

来たる 5/16 (火)に銀一スタジオショップセミナールームにて「Capture One Pro 10 セミナー 〜上級編〜」が開催されます。
小林 淳 氏を講師に迎え、新機能を中心としたクオリティーの高いRAW調整、各種スライダーの使いこなしを紹介するセミナーとなります。
セミナー参加のお申し込みと詳細は下記をご覧ください。
http://www.studioshop.jp/seminarlist/932-capture-one201705-2

講師:小林 淳 氏
日時:2017年5月16日(火) 14:00〜16:00 質疑応答:16:00〜16:30
場所:銀一スタジオショップ セミナールーム
   東京都中央区月島1-14-9
参加費:¥2,000
定員:20名

小林 淳 氏プロフィール
EIZO認定 ColorEdge Ambassador
Phase One認定 Capture One Ambassador
JPS 公益社団法人 日本写真家協会(09’〜15’ 写真著作権委員)
CPS会員(11/10/27〜12/4/20 キヤノンフォトサークル 第12期ジャンルマスター)
経歴
広告スタジオアシスタントからフリーのアシスタントとして4年間修行。1993年、フリーランスフォトグラファーとして活動開始。
美術芸術関連書籍を中心に広告、建築、料理、医療・経済情報誌など幅広く活動。 2009年からはカメラマンを中心に業界向けデジタルセミナーも行う。


セミナー会場地図


posted by Phase One at 14:22| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

Capture One サブスクリプション料金改定のお知らせ

COP10_Tangentlogo_1_Monty_1900px.jpg

Capture One サブスクリプション(定期契約使用)のライセンス管理費用等の見直しにより、本年5月1日より、新規契約は下記のように料金が改定されます。

5月1日までにサブスクリプション契約をされたお客様は現行料金のままご利用いただけます。
また、12ヶ月契約で12ヶ月分の料金を180ユーロで一括前払いいただくオプションもご用意いたしました。これにより、月額15ユーロ相当でご契約いただけます。

12ヶ月 契約 現行料金:月額 12 ユーロ → 新料金:月額 20 ユーロ
3ヶ月 契約 現行料金:月額 19 ユーロ → 新料金:月額 30 ユーロ

尚、定期使用契約のキャンセルは出来ませんのでご注意ください。
契約期間が完了すると自動更新となりますが、更新を希望しない場合は、マイページから自動更新しないように設定をお願い致します。

ご不明な点がありましたら、お問い合わせください

Capture One サブスクリプション


posted by Phase One at 18:26| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

代官山 北村写真機店 Phase One XF カメラシステム体験撮影会

Peter_Eastway_XF100MP_3.jpg
代官山 北村写真機店 様で4月14日にXFカメラシステム体験撮影会を開催いたします。
XFカメラシステムのご紹介ののち、西郷山公園や北村写真機店で生花の撮影を体験していただくミニ撮影会です。撮影後はCapture Oneで作品に仕上げていくワークフローをご紹介します。

日時: 4月14日(金) (1) 12時〜14時30分 (2) 15時〜17時30分
    各回とも同じ内容です
場所: 代官山 北村写真機店
    東京都渋谷区猿楽町16-15
    代官山 T-SITE GARDEN 4号棟
費用: 無料
参加: 事前登録 各回4名
詳細: http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/03/phase-one-xf.html

posted by Phase One at 16:52| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

Capture One Pro ワークフローセミナー - 銀一

COP10_MacPro_Insert_Mawson_4000px.jpg


銀一様で3月8日、22日に撮影タイプに合わせたCapture One Proのワークフローセミナーを開催いたします。
少人数の実際の撮影ワークフローセミナーです。ぜひこの機会にCapture Oneのワークフローをマスターしてください。これから始める方も是非。

日時:  3月8日(水)  (1)13:00-14:30、(2)15:00-16:30
     3月22日(水) (1)13:00-14:30、(2)15:00-16:30
場所: 銀一スタジオショップ 店内 シューティングスペース
    東京都中央区月島1-14-9
費用: 無料
参加: 事前登録 各回5名
詳細: http://www.studioshop.jp/seminarlist

セミナー内容
3月8日(水)  (1)13:00-14:30、(2)15:00-16:30
トルソーでの撮影ですが、ファッション撮影時の準備からフィニッシュまで少人数で実際の撮影ワークフローでご説明致します。


3月22日(水) (1)13:00-14:30、(2)15:00-16:30
商品撮影時の基本から便利な機能まで。少人数で実際の撮影ワークフローでご説明致します。




posted by Phase One at 21:00| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

フェーズワン・プロフォト・フェアー 2017・春 - 大阪

c1-xf.jpg

今週3月3日(金)TPC様でイベントが開催されます。Capture One Pro 10、XFカメラシステムの紹介やProfoto製品のご紹介もあります。ぜひご参加ください。
ご来場お待ちしております。

日時: 2017年 3月3日(金曜日) 午前11時より開場
場所: 大阪市北区梅田1丁目11-4 大阪駅前第4ビル 地下1階 特設会場
費用: 無料
参加: 事前登録 定員20名
詳細: https://www.kktpc.co.jp/db_20170303.asp

■ スケジュール
11:30-12:15 CaptureOne Pro 入門編
13:30-14:20 Profoto機材と3Dスタジオシュミレーションのご紹介
14:30-15:10 Phase One XFカメラシステム新機能紹介
15:30-16:40 CaptureOne Pro10 使いこなし講座
17:00    ビンゴゲーム

CaptureOne Pro10 が当たる! ビンゴ大会
1等、CaptureOne Pro10 BOX 2名
その他、アルチザンアーティスト製デジタルバックポーチ、プロフォト マルチツール、その他豪華景品をご準備。
*セミナー受講者の方のみの参加となります。 
posted by Phase One at 08:52| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

CP+ Capture Oneセミナー 鹿野貴司さま

本日26日(日)13:00〜13:45 写真家 鹿野貴司さまによるCapture One Pro 10のセミナーが開催されます。CP+にお越しの方はぜひご参加ください。

セミナー内容:
Capture One Pro 10 の様々な編集機能を使ってどのように画像を仕上げてゆくか、鹿野貴司氏が実際に撮影した画像を使用して説明します。プロの写真家が写真をどのように自分の思った作品に仕上げていくかという過程を見られるだけではなく、Capture One Pro 10 の編集テクニックも学べるセミナーです。

会場: パシフィコ横浜 フォトアクセサリーゾーン A-14 銀一(株)ブース内
http://www.cpplus.jp/overview/access.html#layout
費用: 無料

講師: 鹿野 貴司(しかの たかし)
プロフィール:1974年東京都葛飾区生まれ。1998年多摩美術大学映像コース卒業後、さまざまな職業を経てフリーの写真家に。写真展に「Tokyo Sunny Day」(コニカミノルタプラザ)、「甦る五重塔 身延山久遠寺」(キヤノンギャラリー)、「Beijingscape」(エプサイトギャラリー)、「感應の霊峰七面山」(コニカミノルタプラザ)など。写真集に『甦る五重塔 身延山久遠寺』(平凡社)など活躍中。http://blog.tokyo-03.jp/


昨日のセミナー
IMG_0107.jpeg




posted by Phase One at 10:16| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

Capture One Pro 10/ XFカメラのセミナーを開催 3月10日

COP10_Tangentlogo_3_Miloch_1900px.jpg

Phase Oneの最新システムは、プロのフォトグラファーのニーズに最適化されたシステムです。より簡単に、より効率良く撮影を行えるように設計されたシステムはライティングから撮影、調整、現像、画像管理まですべてのワークフローを一貫してコントロールすることができます。他にはないPhase Oneの製品をぜひこの機会に体感ください。

日程: 2017年3月10日(金) 14:00 - 18:00
場所: ギャラリー NP 原宿 東京都渋谷区神宮前6-13-11 NPビル3F
費用: 無料
参加: 各回15名・先着順 (事前登録が必要)
*ご希望のセミナーだけ参加することができます。

■ スケジュール:
14:30-15:30 Capture One初級編 - Capture One Proの利点、使い方(定員となりました)
15:45-16:45 Capture One中級編 - Capture One Pro 10の新機能とデフォルトから次のステップへ (定員となりました)
17:00-17:30 IQ/XFフォーカススタック撮影、Profotoライトコントロールの紹介

■ セミナー内容
14:30-15:30 「Capture One初級編 - Capture One Proの利点、使い方」
初級編ではCapture Oneを導入してはみたものの使い方がよく分からないと感じている方や、まだCapture Oneを使ったことが無い方向けにCapture Oneの基本的な使い方・導入編を紹介します。
他のソフトウェアと何が違うのか。Capture Oneの特徴は?手順は?セッションとカタログ?バリアント?クラリティー?など最初の疑問を解決します。


15:45-16:45 「Capture One 中級編 - Capture One Pro 10の新機能とデフォルトから次のステップへ」
中級編ではデフォルトの色、コントラストの変更、ワークフローの最適化など便利な機能を紹介します。また、部分調整で覆い焼き・焼き込み、カラーエディターで色調整・マスクの書き出しと進化したCapture One 10のシャープニング、プルフィーング機能のより画面で印刷シュミレーションなど詳細な調整機能も紹介します。


17:00-17:30 「IQ/XFフォーカススタック撮影、Profotoライトコントロールの紹介」
ハードウェアのセミナーではPhase One XFカメラに新しく搭載されたProfotoライトコントロール、TTL機能やフォーカススタック機能などを紹介します。
XFの新しいアップデートでは撮影シーン、状況に合わせてカメラ側で調光を即座にコントロールでき、新たに導入されたTTL機能により刻々と変化するライティングコンディションやロケーションでの限られた時間の中でより安定した結果を得ることができます。


ぜひ、プロのフォトグラファーに最適化した最新のシステムをご体感ください。


イベント参加ご希望の方は事前登録となりますので japan@phaseone.com 宛に下記の内容をお送りください。
● お名前
● 住所
● 電話番号
● メールアドレス
● 参加ご希望のセミナー
14:30-15:30 Capture One初級編 - Capture One Proの利点、使い方
15:45-16:45 Capture One中級編 - Capture One Pro 10の新機能とデフォルトから次のステップへ
17:00-17:30 IQ/XFフォーカススタック撮影、Profotoライトコントロールの紹介



* 個人情報の取り扱いについて
ご連絡いただきましたお客様の個人情報はナショナルフォート、PHASE ONE、DNPフォトイメージングジャパンの3社でセミナー・製品情報等の連絡用に共同利用させていただき、お客様の承諾無くその他の第三者に対して提供致しません。



セミナー会場地図
posted by Phase One at 17:53| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

CP+ - Capture One Pro 10セミナー 写真家 鹿野貴司 様

COP10_Tangentlogo_1_Monty_1900px.jpg

CP+ 銀一様のブースにおいて 2/25(土)、26(日) に写真家 鹿野貴司 様によるCapture One Pro 10 セミナーが以下のとおり開催されます。
参加は無料となっておりますので、ぜひご参加ください。

日時: 2017年2月25日(土) 13:00〜13:45
   2017年2月26日(日) 13:00〜13:45
会場: パシフィコ横浜 フォトアクセサリーゾーン A-14 銀一(株)ブース内
http://www.cpplus.jp/overview/access.html#layout
費用: 無料

講師: 鹿野 貴司(しかの たかし)
プロフィール:1974年東京都葛飾区生まれ。1998年多摩美術大学映像コース卒業後、さまざまな職業を経てフリーの写真家に。写真展に「Tokyo Sunny Day」(コニカミノルタプラザ)、「甦る五重塔 身延山久遠寺」(キヤノンギャラリー)、「Beijingscape」(エプサイトギャラリー)、「感應の霊峰七面山」(コニカミノルタプラザ)など。写真集に『甦る五重塔 身延山久遠寺』(平凡社)など活躍中。http://blog.tokyo-03.jp/

セミナー内容:
Capture One Pro 10 の様々な編集機能を使ってどのように画像を仕上げてゆくか、鹿野貴司氏が実際に撮影した画像を使用して説明します。プロの写真家が写真をどのように自分の思った作品に仕上げていくかという過程を見られるだけではなく、Capture One Pro 10 の編集テクニックも学べるセミナーです。

posted by Phase One at 00:00| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする