Phase One / MamiyaLeaf の最新情報を掲載しています。
お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へお願いいたします。


2016年12月07日

Capture One Pro 10を使ったRAW現像とカラーマネージメント

COP10_Tangentlogo_1_Monty_1900px.jpg


EIZO(株)主催のセミナーでCapture Oneを使ったカラーマネージメントとRAW現像のセミナーが開催されます。

講師はCapture Oneのアンバサダーである小林淳様です。写真やデザイン、広告などの業務に携わる方々を対象に、12月1日にリリースされたばかりのフェーズワン社の最新のプロ用イメージングソフトウェア「Capture One Pro 10」を使ったRAW現像やモニターキャリブレーションなど、業務におけるカラーワークフローを学ぶワークショップを開催します。

こんな方におすすめ
• モニター間、または印刷物とモニター間の色が合わず困っている
• 社内や取引先とのカラーマネージメントにかかわるポイントを学びたい
• 最新版のCapture One Proを体験したい
• モニターキャリブレーションを学びたい
• モニターの購入、買い替えを検討している

当セミナーでは、Capture One Pro 10を使ったRAW現像やモニター表示の調整方法について分かりやすく解説するほか、プリントまでの手順を実演を交えてご紹介します。一連の業務フローに沿って学んでいただける絶好の機会です。

前半は、モニターの重要性やキャリブレーションに関する基礎をご説明し、その後、ColorEdgeのキャリブレーションを体験いただきます。そのほか、用途や目的に合ったColorEdgeモニター選びについてご案内します。

後半では、新たなシャープネスツールと出力プルーフィングなど、画像処理に最も重要なツールがさらに強化されたCapture One Pro 10の新機能を紹介。また、RAW現像による画像の追い込み方、さらにはPhotoshop移行後の調整などの注意点を講義と実習で学びます。

実習のなかでプリント出力をご希望の方は、Canon PIXUS PRO-10Sでプリントアウトし、プリントした作品はお持ち帰りいただけます。
カラーワークフロー全般の注意点や日頃の疑問点も解決できる、今後の業務に役立つワークショップです。


ご参加いただいた方限定の大変お得なご購入特典もご用意しています。ご購入や買い替えをご検討の方は、是非、この機会にお申込み・ご参加ください。


日程: 2016年 12月 14日(金) 13:00-18:00
費用: 無料(定員12名、事前登録が必要)
場所: EIZOガレリア銀座 東京都中央区銀座7丁目3番7号 ブランエスパ銀座ビル3階
講師: 小林 淳氏プロフィール
EIZO認定 ColorEdge Ambassador
Phase One認定 Capture One Ambassador
JPS 公益社団法人 日本写真家協会(09’〜15’ 写真著作権委員)
CPS会員(11/10/27〜12/4/20 キヤノンフォトサークル 第12期ジャンルマスター)
経歴
広告スタジオアシスタントからフリーのアシスタントとして4年間修行。1993年、フリーランスフォトグラファーとして活動開始。美術芸術関連書籍を中心に広告、建築、料理、医療・経済情報誌など幅広く活動。
2009年からはカメラマンを中心に業界向けデジタルセミナーも行う。


セミナーの詳細、申し込みは下記のURLをご確認ください。
http://www.eizo.co.jp/event/seminar/color_matching/captureone1612.html




posted by Phase One at 16:34| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

Capture One Pro 10 リリース!

COP10_Tangentlogo_3_Miloch_1900px.jpg

Phase One は Capture One のメジャーアップデートとなる「Capture One Pro 10」をリリースしました。
ユーザからのフィードバックに基づき、インターフェイスの改善や内部調整機能など、最も高速で信頼性が高くパワフルな性能を備えたエキサイティングな新機能を搭載し、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。

Capture One Pro 10 のハイライトは以下の通りです:
 ・さらに高速なブラウジング、ズーミング、パンニングを実現
  新たなデフォルト・ワークスペース
 ・3ステップのイメージシャープニング
   - 新たなレンズツールオプション:回折によりシャープネス低下の回復
   - クリエイティブ・シャープニング:新たにハロ コントロールスライダーと
    描画アルゴリズムを採用、イメージ全体、または必要な箇所のみを鮮明化
   - 現像レシピツールの出力シャープニング設定:印刷イメージのシャープニングの
    最終出力イメージの距離(大きさ)を指定可能
 ・スクリーンプルーフィング:拡張プルーフモードで最終的なサイズ、解像度、カラー、
  圧縮方法、シャープネスをシミュレート
 ・将来を見据えたイメージ編集:Tangentパネルシステムから Capture One Proに直接アクセス
 ・テザー用カメラフォーカスツールモジュール

新機能:
 ・3ステップシャープニングツール
 ・出力プルーフィング
 ・新たな直感的なデフォルトワークスペース
 ・テザーカメラ用フォーカスツールモジュール
 ・Tangent パネルとの完全統合
 ・新しい表示フィルターオプション:イメージの向きによる検索
 ・JPEG 出力サイズ / クオリティ最適化
 ・カタログ内のフォルダーの移動
 ・編集可能なファイルタイプを拡張した(X-Trans を含む)オートマスク
 ・圧縮 RAW とフジカメラのサポートを改善
 ・ハードウェアアクセラレーション- OpenCLがデフォルトで有効に
 ・100MP用ストライプ削減LCC
 ・最適化されたLCC作成
 ・コンピューターID管理によるアクティベーション
 ・ Appleスクリプト 新プロパティ ( Mac のみ )

追加カメラサポート:
 Olympus E-M1 mk-II、Sony RX100M5、Sony A6500

追加レンズプロファイル:
 Sony FE 70-200 mm、Sony F4 G OSS、Carl Zeiss Sonnar T* FE 55 mm F1.8 ZA

対応 OS:
 Windows 7 SP1 64bit, Windows 8 64bit, Windows 10 64bit (version 1607)
 Mac OS X 10.11.6 El Capitan, macOS Sierra (10.12)

Capture One Pro 8 あるいは 9 をお持ちの方は、アップグレード価格でご購入いただけます。
2016年11月1日〜11月30日にCapture One Pro 9 をお買い上げいただいたお客様には猶予期間として、無料でアップグレードすることができます。
対象のお客様は、すでにお持ちのライセンスキーで Capture one 10 をアクティベーションできます。
新規購入のお客様はCapture One Pro 10 を 279ユーロでお求めいただけます。
Capture One Pro はサブスクリプションでもお求めいただけます。 Capture One Pro をサブスクリプション契約されているお客様は、そのまま新しい Capture One Pro 10 をお使い頂けます。

・Capture One ダウンロード:http://www.phaseone.com/download

posted by Phase One at 18:40| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

Phase One ワークショップ 12月9日(金)

XF-100MP-camera-system-two-screen-web.jpg


Phase Oneハードウェア、ソフトウェア製品のワークショップを開催いたします。

日程: 2016年12月9日(金) 15:40 - 19:00
場所: 東京都中央区湊1-1-12 HSB鐵砲洲 1階A室
費用: 無料
参加: 20名・先着順 (事前登録が必要) 
スケジュール:
    Capture One Pro 基礎編      16:00 - 16:45
    Capture One Pro 応用編      17:00 - 17:45
    Capture One 10 新機能紹介     17:50 - 18:05
    Phase One XF、IQシリーズの活用  18:10 - 18:45

これまでのカメラとは違い、ワークフローを考え開発されたPhase Oneの最新システムは、プロのフォトグラファーのニーズに最適化されたシステムです。より簡単に、より効率良く撮影を行えるように設計されたシステムはライティングから撮影、調整、現像、画像管理まですべてのワークフローを一貫してコントロールすることができます。他にはないPhase Oneの製品をぜひこの機会に体感ください。

■ Capture One Proの活用 
プロのニーズを反映した調整機能、セレクト・プレゼン機能、画像データの管理機能が集約されたソフトウェア
Capture Oneは何が違うのか?今回はまだよくCapture Oneの事がわからない方から、もっと機能を知りたい方までご参考にしていただけるよう、基礎編と応用編でセミナーを開催いたします。

基礎編ではCapture Oneを導入してはみたものの使い方がよく分からないと感じている方や、まだCapture Oneを使ったことが無い方向けにCapture Oneの基本的な使い方・導入編を紹介します。
Capture Oneの特徴は?手順は?セッションとカタログ?バリアント?クラリティー?など最初の疑問を解決します。

応用編では部分調整で覆い焼き・焼き込み、カラーエディターで色調整・マスクの書き出し、クラリティーでディテール調整、ノイズ抑制スライダーの調整方法など様々な調整機能を紹介します。

Capture One 10新機能紹介では、12月9日に発売されたCapture One 10の新機能-シャープニングツール、プルーフィング機能、フォーカスツールなどを紹介いたします。




■ Phase One XF、IQシリーズの活用
Phase One XFカメラに新しく搭載されたProfotoライトコントロール、TTL機能やIQシリーズの電子シャッター機能、エクスポージャーゾーンツールなどを紹介します。
機能紹介だけではなく、撮影シーンに合わせた最適なセットアップ方法をご紹介します。
XFの新しいアップデートでは撮影シーン、状況に合わせてカメラ側で調光を即座にコントロールでき、新たに導入されたTTL機能により刻々と変化するライティングコンディションやロケーションでの限られた時間の中でより安定した結果を得ることができます。
IQも撮影シーンに合わせ設定を変えることでスピードアップ、画質向上。また新機能の電子シャッター機能やSenser+、WiFiを活用することでより快適にご使用いただくことが可能です。
ぜひ、プロのフォトグラファーに最適化した最新のシステムをご体感ください。



イベント参加ご希望の方は事前登録となりますので japan@phaseone.com 宛に下記の内容をお送りください。
● お名前
● 住所
● 電話番号
● メールアドレス

* 個人情報の取り扱いについて
ご連絡いただきましたお客様の個人情報はPHASE ONE、DNPフォトイメージングジャパンの3社でセミナー・製品情報等の連絡用に共同利用させていただき、お客様の承諾無くその他の第三者に対して提供致しません。


セミナー会場地図
posted by Phase One at 19:26| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Phase Oneワークショップ - ギャラリーNP原宿 12月2日(金)

c1-xf.jpg


Phase Oneハードウェア、ソフトウェア製品のワークショップを開催いたします。
これまでのカメラとは違い、ワークフローを考え開発されたPhase Oneの最新システムは、プロのフォトグラファーのニーズに最適化されたシステムです。より簡単に、より効率良く撮影を行えるように設計されたシステムはライティングから撮影、調整、現像、画像管理まですべてのワークフローを一貫してコントロールすることができます。他にはないPhase Oneの製品をぜひこの機会に体感ください。今回のワークショップでは機能を説明するだけではなく、撮影シーン、環境に合わせた使い方やセットアップ方法をご紹介いたします。

日程: 2016年12月2日(金) 14:00 - 18:00
場所: ギャラリー NP 原宿 東京都渋谷区神宮前6-13-11 NPビル3F
費用: 無料
参加: 20名・先着順 (事前登録が必要) 
スケジュール:
    Phase One XF、IQシリーズの活用  15:00 - 15:40
    Capture One Pro 基礎編      16:00 - 16:45
    Capture One Pro 応用編      17:00 - 17:45


■ Phase One XF、IQシリーズの活用
Phase One XFカメラに新しく搭載されたProfotoライトコントロール、TTL機能やIQシリーズの電子シャッター機能、エクスポージャーゾーンツールなどを紹介します。
機能紹介だけではなく、撮影シーンに合わせた最適なセットアップ方法をご紹介します。
XFの新しいアップデートでは撮影シーン、状況に合わせてカメラ側で調光を即座にコントロールでき、新たに導入されたTTL機能により刻々と変化するライティングコンディションやロケーションでの限られた時間の中でより安定した結果を得ることができます。
IQも撮影シーンに合わせ設定を変えることでスピードアップ、画質向上。また新機能の電子シャッター機能やSenser+、WiFiを活用することでより快適にご使用いただくことが可能です。
ぜひ、プロのフォトグラファーに最適化した最新のシステムをご体感ください。


■ Capture One Proの活用 
プロのニーズを反映した調整機能、セレクト・プレゼン機能、画像データの管理機能が集約されたソフトウェア
Capture Oneは何が違うのか?今回はまだよくCapture Oneの事がわからない方から、もっと機能を知りたい方までご参考にしていただけるよう基礎編と応用編でセミナーを開催いたします。

基礎編ではCapture Oneを導入してはみたものの使い方がよく分からないと感じている方や、まだCapture Oneを使ったことが無い方向けにCapture Oneの基本的な使い方・導入編を紹介します。
Capture Oneの特徴は?手順は?セッションとカタログ?バリアント?クラリティー?など最初の疑問を解決します。

応用編では部分調整で覆い焼き・焼き込み、カラーエディターで色調整・マスクの書き出し、クラリティーでディテール調整、ノイズ抑制スライダーの調整方法など様々な調整機能を紹介します。







イベント参加ご希望の方は事前登録となりますので japan@phaseone.com 宛に下記の内容をお送りください。
● お名前
● 住所
● 電話番号
● メールアドレス

* 個人情報の取り扱いについて
ご連絡いただきましたお客様の個人情報は、ナショナルフォート、PHASE ONE、DNPフォトイメージングジャパンの3社でセミナー・製品情報等の連絡用に共同利用させていただき、お客様の承諾無くその他の第三者に対して提供致しません。



セミナー会場地図



posted by Phase One at 17:50| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

Phase One年末キャンペーン No,1 - 認定再整備品

XF-100MP-camera-system-two-screen-web.jpg


3つの年末キャンペーンを11月14日から開始いたします。

PHASE ONE 認定再整備キャンペーン
期間限定 IQ150/ IQ180/ IQ250/ IQ280のデジタルバック単体のキャンペーンを実施いたします。
ぜひこの機会にご検討ください。

キャンペーン期間:2016年11月14日(月)〜12月22日(木)

■ 認定再整備品 キャンペーン
   IQデジタルバック単体
     IQ150: 1,520,000円
     IQ180: 2,020,000円
     IQ250: 2,230,000円
     IQ280: 2,730,000円
* 価格は市場想定売価となります。 
* 価格は税別になります。
*M/P、V、Hマウントをご用意



   IQ/ XFカメラキット
     IQ150カメラキット: 2,420,000円
     IQ180カメラキット: 2,920,000円
     IQ250カメラキット: 3,130,000円
     IQ280カメラキット: 3,630,000円
* 価格は市場想定売価となります。 
* 価格は税別になります。。
*キット内容: IQ1/2, XFカメラ, S.K. AF 80mm F2.8 LS “Blue Ring”

詳細は販売店様までご確認ください。


posted by Phase One at 13:07| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Phase One年末キャンペーン No,2 - Schneider Kreuznach Blue Ring レンズキット

Blue-Ring-lenses-XF-platform.jpg


3つの年末キャンペーンを11月14日から開始いたします。

Schneider Kreuznach Blue Ring レンズキット キャンペーン
Schneider Kreuznach Blue Ring レンズのキャンペーンを実施いたします。
ぜひこの機会にご検討ください。

キャンペーン期間:2016年11月14日(月)〜12月22日(木)

■ Blue Ring レンズキット キャンペーン
  W プライム レンズキット: 1,050,000円
   Schneider Kreuznach AF 55mm F2.8 LS “Blue Ring”
   Schneider Kreuznach AF 110mm F2.8 LS “Blue Ring”

  W ズーム レンズキット: 1,650,000円
   Schneider Kreuznach AF 40-80mm F4.0-5.6 LS “Blue Ring”
   Schneider Kreuznach AF 75-150mm F4.0-5.6 LS “Blue Ring”

  テレコンバーター レンズキット: 1,450,000円
   Schneider Kreuznach AF 150mm F3.5 LS “Blue Ring”
   Schneider Kreuznach AF 240mm F4.5 LS “Blue Ring”
   Schneider Kreuznach 2x Tele converter

  オートエクステンシ & レンズキット: 430,000円
   Schneider Kreuznach AF 80mm F2.8 LS “Blue Ring”
   Auto Extension Tube No.1,2,3

* 価格は市場想定売価となります。 
* 価格は税別になります。

詳細は販売店様までご確認ください。


posted by Phase One at 12:44| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Phase One年末キャンペーン No,3 - アップグレード to IQ1-100MP

IQ1-100MP-Angled-Switcher-mid.jpg


3つの年末キャンペーンを11月14日から開始いたします。

IQ1-100MPアップグレード キャンペーン
IQ1/IQ2/P+からIQ1-100MPへのアップグレードのキャンペーンを実施いたします。
ぜひご検討ください。

キャンペーン期間:2016年11月14日(月)〜12月22日(木)

■ IQ1-100MPアップグレード キャンペーン
     from IQ180: 2,350,000円
     from IQ160: 2,580,000円
     from IQ150: 2,780,000円
     from IQ140: 2,950,000円
     from P65+ : 3,150,000円
     from P+   : 3,350,000円

* 価格は市場想定売価となります。 
* 価格は税別になります。

詳細は販売店様までご確認ください。




posted by Phase One at 12:18| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

Capture One Proを使ったプロのためのカラーマネージメントとRAW現像

COP-EIZO_Side1_web.jpg


EIZO(株)主催のセミナーでCapture Oneを使ったカラーマネージメントとRAW現像のセミナーが開催されます。

講師はCapture Oneのアンバサダーである小林淳様です。写真やデザイン、広告などの業務に携わる方々を対象に、「Capture One Pro 9.3」からのモニターキャリブレーションやデータ作成や業務におけるカラーワークフローを学ぶワークショップを開催します。モニターの重要性やキャリブレーションに関する基礎、そしてCapture One Pro 9.3に焦点を当てた画像の追い込み方など実演を交えてご紹介します。一連の業務フローに沿って、カラーマネージメントについて学んでいただける絶好の機会です。ぜひご参加ください。

■ こんな方におすすめ
・ モニター間、または印刷物とモニター間の色が合わず困っている
・ 社内や取引先とのカラーマネジメントにかかわるポイントを学びたい
・ Capture One Proを極めたい
・ モニターキャリブレーションを学びたい
・ モニターの購入、買い替えを検討している



日程: 2016年 10月 28日(金) 13:00-18:00
費用: 無料(定員12名、事前登録が必要)
場所: EIZOガレリア銀座 東京都中央区銀座7丁目3番7号 ブランエスパ銀座ビル3階
講師: 小林 淳氏プロフィール
EIZO認定 ColorEdge Ambassador
Phase One認定 Capture One Ambassador
JPS 公益社団法人 日本写真家協会(09’〜15’ 写真著作権委員)
CPS会員(11/10/27〜12/4/20 キヤノンフォトサークル 第12期ジャンルマスター)
経歴
広告スタジオアシスタントからフリーのアシスタントとして4年間修行。1993年、フリーランスフォトグラファーとして活動開始。美術芸術関連書籍を中心に広告、建築、料理、医療・経済情報誌など幅広く活動。
2009年からはカメラマンを中心に業界向けデジタルセミナーも行う。


セミナーの詳細、申し込みは下記のURLをご確認ください。
http://www.eizo.co.jp/event/seminar/color_matching/captureone1609.html


Capture One Pro 9.3
Phase One と EIZO の協業によって、高精度なカラー マネージメント機能を搭載しました。これにより、クリックひとつで Capture One から EIZO ColorEdge CG シリーズモニターのプロファイルを作成することができます。現在業界をリードする EIZO ColorEdge モニターと Capture One Pro のカラ ープロファイル作成機能によって忠実な色再現を保証します。

Phase One ソフトウェア・プロダクトマネージャー ジェームス・ジョンソンは 次のように述べています。「Capture One Pro 9.3 は、業界をリードする EIZO ColorEdge モニターのプロファイルをこれまでよりも簡単に作成することができます。この機能は、プロフェッショナルフォトグラファーのワークフローにある潜在的な問題を無くします。」
posted by Phase One at 12:08| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

Capture Oneウェビナー 10月-11月

co9webinar.png



Capture One ウェビナーを開催いたします。(日本語)
Capture One 9は完全に刷新されたコントラストエンジンを含む多くのハイクオリティで高精度なツールを搭載し、バージョン9.2ではセレクト、プレゼンテーションに便利な機能が強化されました。ウェビナーではこの新しくなったCapture One 9の機能を紹介いたします。ぜひウェビナーにご参加いただき、単なるRAW現像アプリケーションだけではなく優れた機能性を有したアプリケーションに進化したCapture Oneをご確認ください。

ウェビナーはネット上で行うウェブセミナーです。これまでのセミナーとは違い、インターネットが使える環境であれば、どこからでもセミナーに参加(無料)することができます。



10月20日(木)20:00 - 20:40
「キーワード、キーワードライブラリを活用」
Capture One 9で強化されたキーワード機能の活用方法を紹介します。キーワードを活用することで目的の画像を簡単に検索でき、アルバムやスマートアルバムで仕分けすることもできます。また、キーワードライブラリを活用すれば、同じキーワードを会社全体、複数の撮影者と共有することができます。なので、カタログ商品撮影のような点数が多い撮影や複数のフォトグラファーが撮影する場合など、間違えがなくタグ(キーワード)付けが可能です。
画像調整機能ではありませんが、画像データを管理するにはとても有効な機能です。ぜひご利用ください。




10月27日(木)20:00 - 20:40
「スキントーン調整」
Capture One Pro 9ではカラーエディター - スキントーン機能に新たに均一というスライダーが追加され、より細かい調整が可能になりました。Capture Oneには他にも基本特性、ホワイトバランス - スキントーン、部分調整など有効な機能があります。肌の色、トーン、ディテール調整などスキントーンに特化して機能を紹介いたします。




11月2日(水)20:00 - 20:40
「デフォルトから抜け出そう」
基本的な調整、操作はできるようになったが、まだよく分からない機能がある。もっと効率的に調整、作業を進めたいなど、Capture Oneをより活用したい方はご参加ください。ちょっとした変更で、調整の範囲と使い勝手が大きく広がります。




11月8日(火)20:00 - 20:40
「撮影現場で便利な機能 ステップアップ - オペレーター向け」
撮影オペレーターやアシスタントに便利な機能を紹介いたします。撮影に有効な設定(プレビューサイズ、自動停止など)やセレクトに便利なスマートアルバム設定、フィルター機能を活用した選択・表示、複数の人によるキーワードを活用したセレクトなど、ちょっとしたアレンジで撮影現場を円滑にすすめることが可能になります。Capture OneのTipsで撮影現場のワークフローを効率的にしましょう。




11月17日(木)20:00 - 20:40
「Capture One シンプルスタート - セッション編」
画像のインポートから調整、現像のワークフローをご紹介します。セッションの優位性と構造などセッションとカタログがよく分からない方や、これからCapture Oneを使用する方、操作がまだ分からない方など最初の使い方をご説明します。




11月24日(木)20:00 - 20:40
「Capture One シンプルスタート - カタログ編」
画像のインポートから調整、現像のワークフローをご紹介します。カタログの優位性と構造などセッションとカタログがよく分からない方や、これからCapture Oneを使用する方、操作がまだ分からない方など最初の使い方をご説明します。





Webinarは事前登録が必要です。参加されるWebinarのリンク先で名、姓、e-mail、県を入力していただき登録を行ってください。
Webinarの登録、参加方法はCapture One Pro Webinar 日本語版で紹介しています。 ご不明な点は japan@phaseone.comまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

Capture One Proの過去のWebinarはYouTubeで公開しています。
YouTube - PhaseOne Japan

posted by Phase One at 17:12| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

IQ1 100MP デジタルバック、Schneider Kreuznach 150mm LS f/2.8 IF、45mm LS f/3.5 リリース!

Phase One は、新たに1億画素 IQ1 デジタルバックと2本のブルーリングデザインレンズをリリースしました。

IQ1-100MP-Angled-Switcher-mid.jpg
IQ1 100MP デジタルバック

IQ1 100MP デジタルバックはイメージセンサーの能力を余すところ無く活かすために設計されています。様々な用途で柔軟に使用できるようにこのデジタルバックは以下のような特徴があります:
• 101 メガピクセルの解像度 – 645 フルフレームミディアムフォーマット、実解像度 11608 x 8708 ピクセル
• ISO 50-12800 の CMOS センサー – あらゆるカメラシステムのための ISO 感度の柔軟性とビデオクオリティのライブビュー・パフォーマンス
• 色深度 16 bit – 真の 16-bit RAW ファイル撮影
• 15 段ダイナミックレンジ – 露出コントロールと極端なシャドー/ハイライトも捉える柔軟性

45_150IF.jpg
Schneider Kreuznach ブルーリングレンズ 45mm F3.5 LS と 150mm F2.8 IF

2本の新しいブルーリングレンズを追加により、広角と望遠双方で完全なレンズラインナップが揃います。ブルーリングレンズは Phase One の光学品質の最高水準で作られており、101メガピクセル以上の解像度にも対応しています。
• 新しい Schneider Kreuznach 150mm LS f/2.8 IF; 最高速のブルーリング望遠レンズで被写界深度が浅く、ポートレートだけでなく風景などのフィールドにも最適です。
• 新しい Schneider Kreuznach 45mm LS f/3.5; 風景写真だけでなく、インテリア、建築などの撮影にも最適です。

出荷と価格:
IQ1 100MP デジタルバック、新しい Schneider Kreuznach ブルーリングレンズの日本国内価格、及び発売時期は、近日中に国内代理店を通じて発表いたします。
株式会社 DNP フォトイメージングジャパン
http://www.dnpphoto.jp/products/phaseone/

タグ:100MP iQ1
posted by Phase One at 14:27| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする