Phase One / MamiyaLeaf の最新情報を掲載しています。
お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へお願いいたします。


2016年12月22日

Happy Holidays

年内の営業は12月29日までとなります。新年は1月5日から通常通り営業いたします。
お休み中にいただいたお問い合わせ等々は2017年1月5日から順次対応させていただきますので、 よろしくお願いいたします。

Phase_One_Happy_Holidays.jpg


posted by Phase One at 19:07| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

Capture One Pro 10を使ったRAW現像とカラーマネージメント

COP10_Tangentlogo_1_Monty_1900px.jpg


EIZO(株)主催のセミナーでCapture Oneを使ったカラーマネージメントとRAW現像のセミナーが開催されます。

講師はCapture Oneのアンバサダーである小林淳様です。写真やデザイン、広告などの業務に携わる方々を対象に、12月1日にリリースされたばかりのフェーズワン社の最新のプロ用イメージングソフトウェア「Capture One Pro 10」を使ったRAW現像やモニターキャリブレーションなど、業務におけるカラーワークフローを学ぶワークショップを開催します。

こんな方におすすめ
• モニター間、または印刷物とモニター間の色が合わず困っている
• 社内や取引先とのカラーマネージメントにかかわるポイントを学びたい
• 最新版のCapture One Proを体験したい
• モニターキャリブレーションを学びたい
• モニターの購入、買い替えを検討している

当セミナーでは、Capture One Pro 10を使ったRAW現像やモニター表示の調整方法について分かりやすく解説するほか、プリントまでの手順を実演を交えてご紹介します。一連の業務フローに沿って学んでいただける絶好の機会です。

前半は、モニターの重要性やキャリブレーションに関する基礎をご説明し、その後、ColorEdgeのキャリブレーションを体験いただきます。そのほか、用途や目的に合ったColorEdgeモニター選びについてご案内します。

後半では、新たなシャープネスツールと出力プルーフィングなど、画像処理に最も重要なツールがさらに強化されたCapture One Pro 10の新機能を紹介。また、RAW現像による画像の追い込み方、さらにはPhotoshop移行後の調整などの注意点を講義と実習で学びます。

実習のなかでプリント出力をご希望の方は、Canon PIXUS PRO-10Sでプリントアウトし、プリントした作品はお持ち帰りいただけます。
カラーワークフロー全般の注意点や日頃の疑問点も解決できる、今後の業務に役立つワークショップです。


ご参加いただいた方限定の大変お得なご購入特典もご用意しています。ご購入や買い替えをご検討の方は、是非、この機会にお申込み・ご参加ください。


日程: 2016年 12月 14日(金) 13:00-18:00
費用: 無料(定員12名、事前登録が必要)
場所: EIZOガレリア銀座 東京都中央区銀座7丁目3番7号 ブランエスパ銀座ビル3階
講師: 小林 淳氏プロフィール
EIZO認定 ColorEdge Ambassador
Phase One認定 Capture One Ambassador
JPS 公益社団法人 日本写真家協会(09’〜15’ 写真著作権委員)
CPS会員(11/10/27〜12/4/20 キヤノンフォトサークル 第12期ジャンルマスター)
経歴
広告スタジオアシスタントからフリーのアシスタントとして4年間修行。1993年、フリーランスフォトグラファーとして活動開始。美術芸術関連書籍を中心に広告、建築、料理、医療・経済情報誌など幅広く活動。
2009年からはカメラマンを中心に業界向けデジタルセミナーも行う。


セミナーの詳細、申し込みは下記のURLをご確認ください。
http://www.eizo.co.jp/event/seminar/color_matching/captureone1612.html




posted by Phase One at 16:34| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

Capture One Pro 10 リリース!

COP10_Tangentlogo_3_Miloch_1900px.jpg

Phase One は Capture One のメジャーアップデートとなる「Capture One Pro 10」をリリースしました。
ユーザからのフィードバックに基づき、インターフェイスの改善や内部調整機能など、最も高速で信頼性が高くパワフルな性能を備えたエキサイティングな新機能を搭載し、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。

Capture One Pro 10 のハイライトは以下の通りです:
 ・さらに高速なブラウジング、ズーミング、パンニングを実現
  新たなデフォルト・ワークスペース
 ・3ステップのイメージシャープニング
   - 新たなレンズツールオプション:回折によりシャープネス低下の回復
   - クリエイティブ・シャープニング:新たにハロ コントロールスライダーと
    描画アルゴリズムを採用、イメージ全体、または必要な箇所のみを鮮明化
   - 現像レシピツールの出力シャープニング設定:印刷イメージのシャープニングの
    最終出力イメージの距離(大きさ)を指定可能
 ・スクリーンプルーフィング:拡張プルーフモードで最終的なサイズ、解像度、カラー、
  圧縮方法、シャープネスをシミュレート
 ・将来を見据えたイメージ編集:Tangentパネルシステムから Capture One Proに直接アクセス
 ・テザー用カメラフォーカスツールモジュール

新機能:
 ・3ステップシャープニングツール
 ・出力プルーフィング
 ・新たな直感的なデフォルトワークスペース
 ・テザーカメラ用フォーカスツールモジュール
 ・Tangent パネルとの完全統合
 ・新しい表示フィルターオプション:イメージの向きによる検索
 ・JPEG 出力サイズ / クオリティ最適化
 ・カタログ内のフォルダーの移動
 ・編集可能なファイルタイプを拡張した(X-Trans を含む)オートマスク
 ・圧縮 RAW とフジカメラのサポートを改善
 ・ハードウェアアクセラレーション- OpenCLがデフォルトで有効に
 ・100MP用ストライプ削減LCC
 ・最適化されたLCC作成
 ・コンピューターID管理によるアクティベーション
 ・ Appleスクリプト 新プロパティ ( Mac のみ )

追加カメラサポート:
 Olympus E-M1 mk-II、Sony RX100M5、Sony A6500

追加レンズプロファイル:
 Sony FE 70-200 mm、Sony F4 G OSS、Carl Zeiss Sonnar T* FE 55 mm F1.8 ZA

対応 OS:
 Windows 7 SP1 64bit, Windows 8 64bit, Windows 10 64bit (version 1607)
 Mac OS X 10.11.6 El Capitan, macOS Sierra (10.12)

Capture One Pro 8 あるいは 9 をお持ちの方は、アップグレード価格でご購入いただけます。
2016年11月1日〜11月30日にCapture One Pro 9 をお買い上げいただいたお客様には猶予期間として、無料でアップグレードすることができます。
対象のお客様は、すでにお持ちのライセンスキーで Capture one 10 をアクティベーションできます。
新規購入のお客様はCapture One Pro 10 を 279ユーロでお求めいただけます。
Capture One Pro はサブスクリプションでもお求めいただけます。 Capture One Pro をサブスクリプション契約されているお客様は、そのまま新しい Capture One Pro 10 をお使い頂けます。

・Capture One ダウンロード:http://www.phaseone.com/download

posted by Phase One at 18:40| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする