Phase One 最新情報。お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へ。
他社カメラと Capture One のサポートは、captureone.com へお問い合わせください。(詳細

2020年01月30日

Phase One XF IQ カメラシステムで撮影された大ピラミッド 3次元モデル

株式会社ジェピコ プレスリリース】

ジェピコ日立システムズが大ピラミッド内部の高精度 3 次元モデル作成に成功
1億画素超高解像度カメラと3次元化技術の活用により、「大ピラミッド探査プロジェクト」に貢献

概要:
株式会社ジェピコ(代表取締役社長:大野 欽一、本社:東京都新宿区/以下、ジェピコ)株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、東日本国際大学(学長:吉村 作治、福島県いわき市)を中心とした「大ピラミッド探査プロジェクト」に参画し、高性能な1億画素カメラや3次元化技術を活用することで、大ピラミッド内部の高精度3次元モデルの作成に成功しました。
なお、作成した高精度3次元モデルは、今後、大ピラミッド内部の未知の巨大空間の調査などに活用される予定です。

CF003013.jpg
調査の対象になった大ピラミッド

王の間3D.jpg

王の間内部.jpg
大ピラミッド内部の高精度3次元モデル

背景:
2017年に他のプロジェクトチームが、エジプト・アラブ共和国(以下、エジプト)にある大ピラミッド内部において、未知の巨大空間を発見したことを発表しました。しかし、その発表を受けて、エジプト政府が東日本国際大学に再検証を依頼したことで、2018年4月に「大ピラミッド探査プロジェクト」が始動しました。
本プロジェクト開始後、未知の巨大空間の存在を検証するためのパートナーとして、高性能な1 億画素カメラを保有するジェピコと、2次元画像の3次元化に高い技術力と豊富な実績を持つ日立システムズが参画することになりました。

詳細:
本調査では、ジェピコが Phase One 社の1億画素の超高解像度カメラを使用して大ピラミッド内部の撮影を行いました。本カメラは中判サイズのCMOS センサーを使用しており、高光感度特性に加え、広いダイナミックレンジ、正確な色再現性を実現しています。これにより、外部からの光が無く、通常では暗い画像しか撮影ができない大ピラミッド内部でも、暗室とは思えないほど明るく正確な色再現性を持った画像を撮影することができました。
その後、ジェピコが撮影した2次元画像を、日立システムズが Pix4D 社の Pix4Dmapper を利用して3次元化することで、暗く色味の少ない大ピラミッド内部の高精度3次元モデルの作成に成功しました。日立システムズが作成する高精度3次元モデルは、撮影対象の色味・形状などを忠実に再現することができるため、現場に行かずとも遠隔から撮影対象の調査や検証などを実施することが可能です。さらに、図面が存在しないピラミッドなどの遺跡や文化財などにおいても、高精度3次元モデルを図面代わりに活用することで、それらの修繕や保全にも貢献できます。

今回の調査対象の1つである大ピラミッド内部の「王の間」は暗室で狭いため、2次元画像から大ピラミッド内部の3次元化を忠実に再現することは特に難しいとされていました。しかし、これまでにジェピコ日立システムズが培った高精度3次元モデルを作成するための撮影ノウハウや3次元化に伴う画像編集処理などの技術力を生かし、高精度な3次元化を成功させ、「王の間」内部を本来の色味で立体的に検証することができました。

今後、本プロジェクトの目的である未知の巨大空間の存在の検証にもジェピコ日立システムズの技術が活用される予定であり、この検証以外にも、色味から分かる材質の違いなどこれまでにない新たな発見に期待が持たれています。
日立システムズジェピコは、東日本国際大学などと連携し、現在も継続している「大ピラミッド探査プロジェクト」の成功に向けてさまざまな調査に協力していきます。

なお、本取り組みに対して、東日本国際大学から以下のコメントをいただいています。

「CG による再現などではなく、すべて本物の画像を使い、本物の色で描いているというのは衝撃的で感動しました。
これまでにこのような明暗のない、色差のない王の間の画像および動画を見たことはなく、これは今後のピラミッド調査に 大いに役立ちます。」
東日本国際大学 学長 吉村 作治

■ 大ピラミッド内部の王の間の高精度 3 次元モデル(動画)
https://youtu.be/e2Y5KKySfto

■ 「大ピラミッド探査プロジェクト」について:
本プロジェクトは、2017年に名古屋大学をはじめとする ScanPyramids のチームが「大ピラミッド内部に未知の巨大空間を発見した」と発表した調査成果を再検証することが目的です。元エジプト考古大臣 ザヒ・ハワス博士と現エジプト考古大臣カーリッド・アル=エナニー博士から直接、東日本国際大学の吉村学長に再検証の依頼があり、本プロジェクトが始動することになりました。
構成メンバーは、東日本国際大学エジプト考古学研究所を中心とし、日本からは千葉工業大学、東北大学、九州大学、東京大学、エジプトからはスエズ大学、国立天文学・地球物理学研究所 (National Research Institute of Astronomy and Geophysics) の研究者および有限会社タイプエス、株式会社フロントブリッジ、株式会社トプコン、Surveying Systems、iFLY Egypt、ジェピコ、日立システムズなどの企業の専門技術者による合同チームで調査・研究を行っています。
詳細は https://egypt-archaeology.jp/research/大ピラミッド探査プロジェクト/ をご覧ください。
(東日本国際大学エジプト考古学研究所の詳細は https://egypt-archaeology.jp/ をご覧ください)

日立システムズが作成する高精度 3 次元モデルに関するWeb サイト
https://www.hitachi-systems.com/solution/s0308/robo-d/index.html

■ ジェピコについて
株式会社ジェピコは、主に海外の高性能な半導体・電子部品を航空宇宙、鉄道、産業機械等の分野を中心に販売している商社です。また、自社でアナログLSI(ASIC)の設計や無線ネットワークを利用した システム開発にも着手するメーカーでもあり、技術力・品質サポート力が強みの企業です。近年ではドロ ーン向けのフライトコンピュータ、高性能カメラ等の輸入販売をはじめ、新たな販売分野への進出にも力 を入れています。商社で培ったマーケティング力を生かした製品開発と販売力の相乗効果で、社会インフラの発展に貢献すべく更なる業績の向上をめざします。
詳細は https://www.jepico.co.jp/ をご覧ください。

■ 日立システムズについて
株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約 300 か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みの IT サービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創 造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。
詳細は https://www.hitachi-systems.com/ をご覧ください。

■ 東日本国際大学について
東日本国際大学は、「義を行い以て其の道に達す」という建学の精神を掲げています。これは、中国の 思想家・孔子の『論語』の一節で、「夢や目標を持って人のために行動すると、自分の生きる道が開ける」 という意味です。
夢の種をまくような、たくさんの感動や出会いを体験し、素晴らしい先生方と友に学び、活動する中で、誰かのために尽くす勇気や、困難を乗り越える力「人間力」を育んでいます。
詳細は http://www.shk-ac.jp/ をご覧ください。

■ Phase One 社について
Phase One 社は、プロフェッショナルフォトグラファーと産業用アプリケーション向けの中判デジタルカメラとイメージングソリューションの世界トップ企業です。Phase One 社の産業用カメラシステムは航空撮影・測量、構造物点検検査、赤外撮影、3D マッピング、マシンビジョンなど、幅広い産業用のアプリケーションに最適化されています。
Phase One 社はデンマーク、コペンハーゲンに本社を置き、ニューヨーク、ロンドン、東京、ケルン、香港、上海、テルアビブに支社を持ち、グローバルパートナーとともにサービスとサポートを行っています。
詳細は https://industrial.phaseone.com をご覧ください。

■ お客さまからのお問い合わせ先
株式会社ジェピコ
新規事業推進部 プロダクトマーケティンググループ 製品担当 土屋、石川
TEL:03-6362-0316 E-mail:jepico_HSP@jepico.co.jp
株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時〜17時/土・日・祝日は除く)お問い合わせWebフォーム:https://www.hitachi-systems.com/form/contactus.html

■ 報道機関のお問い合わせ先
株式会社ジェピコ 総務部
〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー
TEL:03-6386-0611
お問い合わせWebフォーム:https://www.jepico.co.jp/contact.html
株式会社日立システムズ サステナビリティ・リスクマネジメント本部コーポレート・コミュニケーション部 広報担当 城戸崎、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目 2 番 1 号
TEL:03-5435-7777(代表) E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
posted by Phase One at 11:28| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

Phase One オープンイベント in みなとみらい(横浜) - 1億5,000万画素中判カメラ体験会

Hero_XT_XF_Desktop_3000x900px.jpg

当初予定しておりました弊社イベントでございますが

この度の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、中止の判断を致しました。

皆様のご理解をいただきます様、何卒よろしくお願いいたします。



最先端の1億5,000万画素中判デジタルカメラを実際に撮影、体験できるイベントです。
プロフォトグラファーによるモデル撮影レクチャーも行います。

最新の XTカメラシステム、IQ4 デジタルバック、ブルーリングレンズなどを、
開催時間中にいつでもお好きな時間にご来場いただいて、手にとってお試しいただけます。
事前登録や予約も不要です。
シーピープラスの喧騒を離れ「Phase One オープンイベント」でじっくり世界最高峰のカメラシステムをご体験下さい。

【イベント詳細】
 日程: 2020年2月29日(土)10:00 - 17:00
 会場:TKPガーデンシティPREMIUMみなとみらい「ホールG」
    神奈川県横浜市 西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル 5F
 費用: 無料

【ご紹介内容】
 ・Phase One製品タッチ&トライ
 ・XFカメラ+IQ4 150MP モデルシューティング

【昨年実施イベントの様子(同会場)】
ED26520E-A7F3-4009-BC84-4B1A7A85E315.JPG

【注意事項】
 ・お客様ご自身のカメラをお持ち込みいただき、撮り比べも可能です。
 ・紹介内容は変更される可能性もございます。
 ・今後イベント内容、スケジュール、講師情報など更新して参ります。
posted by Phase One at 10:23| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

【2月度】Try Phase One @ 永田町

Reuben_Wu_XT_IQ4_150MP_3.jpg
Phase One XF/XT カメラを実際に手にとってお試しいただくイベントを開催いたします。
最新の XT カメラシステム、IQ4 1億5,000万画素デジタルバック、ブルーリングレンズなど、
開催時間中にいつでもお好きな時間にご来場いただいて、手にとってお試しいただけます。
事前登録や予約は不要です。
Phase One XT カメラシステムが気になりながらもなかなか手に取る、見る機会がない方、
新商品1億5,000万画素の表現再現力を実際に確認されたい方などなど、お気軽にご来場ください。
Hero_XT_XF_Desktop_3000x900px.jpg
【イベント詳細】
 日時:2月13日(木) 14:00 〜 18:00
 会場:フェーズワンジャパン株式会社 東京事務所
 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町 8F(地図)
 東京メトロ各線 永田町駅4番出口すぐ、1Fがセブンイレブンのビル
 費用:無料

【ご紹介内容】
 ・Phase One 製品タッチ&トライ 〜新商品XTカメラシステム体験〜
 ・Capture One パソコン連結撮影 〜プロの撮影スタイル!テザー撮影体験〜

【ご参加特典】
 イベントご参加の方に Phase One 特製「ネックストラップ or ステッカー」プレゼント

【注意事項】
 ・お客様ご自身のカメラをお持ち込みいただき、撮り比べも可能です。
 ・今後、基本的に毎月第二木曜日に本イベント実施していく予定です。

<会場地図>
<個人情報の取り扱いについて>
ご連絡いただきましたお客様の個人情報は、
Phase One Japan 株式会社でセミナー・製品情報等の連絡用に利用させていただき、
お客様の承諾無くその他の第三者に対して提供致しません。
posted by Phase One at 09:25| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

Capture One 20:トライアル、for Phase One、Express のライセンス発行と取得

license.png
Capture One 20 では、Capture One DB は「Capture One for Phase One」となりました。
無料のトライアル版、Express、for Phase One (旧DB) などを含むすべての起動モードをライセンスキーで判別しており、必ずライセンス認証が必要です。初回起動時に上記のプロダクトキー入力画面が表示されます。
プロダクトキー、ライセンスコード、ライセンスキー はすべて同意で、4桁-4桁-4桁-4桁 の英数字で構成されています。

ライセンス認証の手順については、下記リンクをご参照ください。

トライアル版、for Phase One (旧DB)、Express (Fujifilm / Sony) でもライセンス発行と取得は、それぞれ次のようになります。

トライアル版:
ダウンロード時にTrialライセンスキーが表示されますので、記録しておいてください。
Triallicense.png

「Capture One Pro (trial license)」として、マイページ内のソフトウェアライセンスに登録・表示されます。
triallicense_mypage.png

有料版同様、メールアドレスとパスワードが一致しないと、他のコンピュータや再インストールなどで認証できません。
認証台数は、3台までです。

for Phase One (旧DB):
ライセンス発行には、phaseone.com でデジタルバック製品の登録が必要です。
製品登録後、マイページにログインして、Camera System Warranty のページを開きます。
Registered Products にある Capture One 内の「GET LICENSE KEY」をクリックするとライセンスキーが発行されます。
forPhaseOne.png

「Capture One for Phase One」として、マイページ内のソフトウェアライセンスに登録・表示されます。
有料版同様、メールアドレスとパスワードが一致しないと、他のコンピュータや再インストールなどで認証できません。

Express (Fujifilm / Sony):
ダウンロード時に Express ライセンスキーが表示されますので、記録しておいてください。メールでも通知されます。
express.png

Capture One Expressとして、マイページのソフトウェアライセンスに登録・表示されます。
有料版と同様にメールアドレスとパスワードが一致しないと、再インストールした場合に認証できません。
認証台数は1台です。

お問い合わせは、captureone.comサポートからお問い合わせ下さい。
お問い合わせ方法については、下記リンクをご参照ください。


posted by Phase One at 10:00| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする