Phase One 最新情報。お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へ。
他社カメラと Capture One のサポートは、captureone.com へお問い合わせください。(詳細

2020年01月09日

Capture One 20:トライアル、for Phase One、Express のライセンス発行と取得

license.png
Capture One 20 では、Capture One DB は「Capture One for Phase One」となりました。
無料のトライアル版、Express、for Phase One (旧DB) などを含むすべての起動モードをライセンスキーで判別しており、必ずライセンス認証が必要です。初回起動時に上記のプロダクトキー入力画面が表示されます。
プロダクトキー、ライセンスコード、ライセンスキー はすべて同意で、4桁-4桁-4桁-4桁 の英数字で構成されています。

ライセンス認証の手順については、下記リンクをご参照ください。

トライアル版、for Phase One (旧DB)、Express (Fujifilm / Sony) でもライセンス発行と取得は、それぞれ次のようになります。

トライアル版:
ダウンロード時にTrialライセンスキーが表示されますので、記録しておいてください。
Triallicense.png

「Capture One Pro (trial license)」として、マイページ内のソフトウェアライセンスに登録・表示されます。
triallicense_mypage.png

有料版同様、メールアドレスとパスワードが一致しないと、他のコンピュータや再インストールなどで認証できません。
認証台数は、3台までです。

for Phase One (旧DB):
ライセンス発行には、phaseone.com でデジタルバック製品の登録が必要です。
製品登録後、マイページにログインして、Camera System Warranty のページを開きます。
Registered Products にある Capture One 内の「GET LICENSE KEY」をクリックするとライセンスキーが発行されます。
forPhaseOne.png

「Capture One for Phase One」として、マイページ内のソフトウェアライセンスに登録・表示されます。
有料版同様、メールアドレスとパスワードが一致しないと、他のコンピュータや再インストールなどで認証できません。

Express (Fujifilm / Sony):
ダウンロード時に Express ライセンスキーが表示されますので、記録しておいてください。メールでも通知されます。
express.png

Capture One Expressとして、マイページのソフトウェアライセンスに登録・表示されます。
有料版と同様にメールアドレスとパスワードが一致しないと、再インストールした場合に認証できません。
認証台数は1台です。

お問い合わせは、captureone.comサポートからお問い合わせ下さい。
お問い合わせ方法については、下記リンクをご参照ください。


posted by Phase One at 10:00| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする