Phase One 最新情報。お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へ。
他社カメラと Capture One のサポートは、captureone.com へお問い合わせください。(詳細

2013年05月29日

レーテンシー

Phase One のデジタルバックでは「レーテンシー (※P65+/40+では「シャッター」)」の設定項目があります。
ほとんどの場合は「ノーマル (※P65+/40+では「レリーズ(標準)」)」から設定を変更する必要はありませんが、ビューカメラなどに装着する場合に使用状況によって設定を変更する必要があります。

レーテンシーはセンサーのウェイクアップから露光されるまでのタイミングの設定です。
Latency.jpg

上図の黒線部は、センサーがOFFの状態で、カメラから(あるいはマニュアルで)ウェイクアップを感知して、センサーがONになります。
そして、カメラからのシャッター信号を受け、シャッター開放中は画像を受信します。
シャッターが閉じて信号がOFFになるとセンサー内の処理を完了し、センサーをOFFにして撮影データを転送します。
青矢印がレーテンシーで、ノーマルでは上記のような処理をしています。

レーテンシーを「ゼロ (※P65+/40+では「レリーズ(ゼロ)」)」に設定すると、センサーが常にONで待機状態になりウェイクアップの必要がなくなりますが、長時間の連続使用はお薦めしません。

カメラタイプ別のセットアップは次のようになります。

DF.jpg
電子接点付き中判カメラ (Phase One AF/DF, Hasselblad H, Contax 645 など)
・ウェイクアップやシャッターのシグナルはカメラボディとデジタルバック間でダイレクトに実行
・ボディあるいはレンズ 〜 デジタルバック間のケーブル不要
・レーテンシー = ノーマル


MechanicalCamera.jpg
メカニカル中判カメラ (Mamiya RZ, Hasselblad V など)
・デジタルバックとの通信バスのないカメラ
・カメラボディからウェイクアップ、レンズからシャッター信号を受信
・ボディあるいはレンズ 〜 デジタルバック間のケーブルが必要
・レーテンシー = ノーマル
・一部の特殊ボディはウェイクアップ、あるいはゼロレーテンシーに設定が必要


ViewCamera.jpg
大判ビューカメラ (4x5, テクニカルカメラ など)
・レンズ 〜 デジタルバック間のケーブルが必要
・ノーマルレーテンシーが高画質だが、ウェイクアップが必要
・ゼロレーテンシーはウェイクアップ不要

posted by Phase One at 15:23| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする