Phase One / MamiyaLeaf の最新情報を掲載しています。
お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へお願いいたします。


2018年03月20日

Capture One Pro 11ウェビナー

Annotations_2.jpg

Capture One ウェビナーを開催いたします。(日本語)
Capture One 11 では部分調整レイヤーが大幅に改善され、これまで部分調整で利用できる調整ツールは限られていましたが、すべての調整ツールが利用可能になりました。
さらに画像に注釈を付けることができるようになり、手書きのメモや画像を直接画像に追加することができPSD ファイルのレイヤーとして現像・エクスポートすることができます。

ウェビナーはネット上で行うウェブセミナーです。これまでのセミナーとは違い、インターネットが使える環境であれば、どこからでもセミナーに参加(無料)することができます。


3月30日(金)11:00 - 11:40
「Capture One Pro 11 新機能紹介」
Capture One 11で強化された部分調整レイヤーを中心に新機能をご紹介いたします。
作業効率を考え追加されたレイヤー調整機能やPSD書き出しは、効率的で画像劣化を最小限に写真を仕上げることができます。ぜひRAWからレイヤー作業をする利点をご覧ください。

Capture One Pro 11新機能
部分調整レイヤー:
マスキングツールがさらに改良され、新機能が追加されました。マスクを描画後に境界をぼかしたり、レイヤーの不透明度で効果を調整することができます。
• レイヤー不透明度
• フェザーマスク(マスクの境界を外側にぼかす)
• リファインマスク(マスクの境界を内側にぼかす)
• グレースケールマスク(マスクのみをグレー表示)

さらに効率的なワークフロー:
注釈やオーバーレイとして追加した画像を Photoshop PSDファイルのレイヤーとして書き出すことができます。

• 注釈を PSD レイヤーに書き出し
• オーバーレイを PSD レイヤーに書き出し
• クロップを PSD パスに書き出し
• ウォーターマークをPSDに書き出し

posted by Phase One at 17:00| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする