Phase One / MamiyaLeaf の最新情報を掲載しています。
お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へお願いいたします。


2018年09月03日

世界初 1億5100万画素カメラ XF IQ4 カメラシステム リリース!

XFIQ4.jpg
Phase One は、ブレークスルー技術で開発した XF IQ4 シリーズカメラシステム3機種(1億5100万画素及び1億100万画素カメラシステム)を発表、 受注開始をいたします。
トップエンドモデルとなる XF IQ4 150MP カメラシステムは、超高解像度フルフレーム 裏面照射型 1億 5100 万画素センサーを搭載し、RGB モデルとアクロマティック(白黒)モデルが用意されています。XF IQ4 100MP トリクロマティック カメラシステムは正確な色再現性を持つ新世代トリクロマティック センサーを採用した 1億 100 万画素機となります。
IQ4 シリーズでは、無限の可能性を持つ新規開発のプラットフォームを採用し、アプリケーションをカメラ内部に実装することが可能になりました。外部のソフトウェアで行っていた画像の編集、処理をカメラ本体で高速に処理することも可能となります。本発表では Capture One Inside という機能を実装し、 Capture One 画像処理機能をカメラに搭載しました。各モデルともに柔軟でカスタマイズ可能なソリュー ションを提供し、長期間にわたる進化をお約束します。
新次元でのワークフローの最適化、統合機能により写真撮影のプロセスをサポートします。
また新たなデザリングとストレージのオプション、コネクティビティ、ワイヤレス機能が進化しました。従来からラインナップされている 28mm から 240mm までの優れたレンズ 群を使用可能です。

革新的な新機能
・世界初 1 億 5100 万画素 裏面照射センサー(BSI)採用により、これまでにない画質と精細な描写を可能とします。
・Capture One 画像処理プロセスの核となる部分がプラットフォームに統合。カスタマイズも可能で様々な画像処理の可能性が開かれます。「Capture One Inside」で可能となるのはプレビュー品質の向上、JPEG/TIFF 処理、IIQ スタイルの統合、フレームレートの向上、ライブビューの改善などがあります。
・2つのストレージと 3 種類のデザリングをサポート。Wi-Fi/USB-C/Ethernet での接続がサポートされ、ストレージは超高速な XQD と SD メモリーカードをサポート。デザリングオプションと組み合わせて 柔軟なワークフローを構築できます。
・オープンプラットフォームの採用。タイムラプスとブラケティングを独立して機能させることも可能です。
詳細は下記のウェブサイト(英語)でご確認いただけます。
http://www.phaseone.com/IQ4/
メーカー希望小売価格は次の通りです。
・XF IQ4 150MP カメラシステム(BR レンズ1 本付属)5,599,000 円
・XF IQ4 150MP アクロマティック カメラシステム(BR レンズ1 本付属) 6,159,000 円
・XF IQ4 100MP トリクロマティック カメラシステム(BR レンズ1 本付属) 5,179,000 円


posted by Phase One at 18:00| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする