Phase One / MamiyaLeaf の最新情報を掲載しています。
お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へお願いいたします。


2018年10月19日

Phase One iXM-RS 150F 日経 xTECH EXPO AWARD 2018 準グランプリ 社会インフラ賞 受賞

3.jpg

現在、東京ビッグサイトで開催されている「日経 xTECH EXPO 2018」において、「日経 xTECH EXPO AWARD 2018」が選出、発表され、Phase One iXM-RS 150F が準グランプリ 社会インフラ賞 を受賞致しました。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/event/18/00035/101800082/?P=4

2.jpg


受賞の概要、審査員講評は以下の通りです。

【日経 xTECH EXPO AWARDについて】
日経 xTECH EXPO 2018に出展された全ての製品/サービスの中から、製品/サービスとして優れていると同時に、来場者に対して分かりやすくインパクトのある展示を行ったものに与えられる賞。選定は、日経BP社の技術系媒体の編集部から選ばれた審査員が行い、グランプリと準グランプリを決定。

【受賞概要】
土木・建築の構造物の点検に使う、1億5000万画素の測量カメラ。測量カメラとしては解像度が最高クラスで、50メートル離れた場所から0.2ミリ幅のクラックを映し出す。ドローンへの搭載が可能で、地上からだけでなく空中からの撮影もできる。

【審査員講評】
従来、コンクリート構造物などのクラックを点検するには、ドローンに測量カメラを搭載し、対象物に近寄って多数の写真を撮影する必要があり、時間が掛かるうえに安全面の問題があった。iXM-RS150Fは1億5000万画素という高解像度なので、構造物に近接せずに撮影できる。そのため撮影が短時間で済むのに加え、安全の問題も小さい。老朽化した橋梁など社会インフラの劣化が問題視されており、点検作業を効率化できる点は社会的なインパクトが大きい。

建設テック 2018 は、本日10/19 (金) 17:30 まで、東京ビッグサイト 東1-3ホールで開催されています。
https://expo.nikkeibp.co.jp/xtech/
ラベル:iXM industrial
posted by Phase One at 10:07| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする