Phase One / MamiyaLeaf の最新情報を掲載しています。
お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へお願いいたします。


2019年05月30日

Phase One 高高度/長距離航空撮影、地上点検用 高性能レンズ 3本を発表

270m-300mm_with zoom.jpg

Phase One Japan 株式会社(代表取締役 本⽥誠)は、ブレークスルー技術で開発したiXM-RS/iXMカメラシステムに最適化された、300mm AF, 180mm, 150mm MK II レンズを発表、受注を開始いたしました。

高高度航空写真撮影および長距離航空写真、地上点検アプリケーション用として開発された3つの新しい高性能RS/RSMレンズ 300 mm AF, 180mm, 150 mm MK II レンズは、Phase One iXM-RS/iXM 航空カメラシリーズの超高解像度裏面照射型(BSICMOSセンサーにより、より高い高度で飛行しながらもより小さな地上解像度(GSD)の精密な画像の撮影を可能にします。


New_Long_Focal_Lenses_Graph.jpg


Phase One RSM 300mmAF:


RSM300mm AF_WEB.jpg

Phase One RSM 300mmAF レンズは、iXM-RS/iXM カメラ両モデル用として開発されました。13,000 ft もの高高度から 5 cm GSD を提供し、iXM-RS/iXM カメラの超高解像度BSI CMOSセンサー 3.76 μmピクセル に最適化されており、優れた画質を実現します。 このレンズは、高高度の2D/3Dマッピングと長距離からの地上点検に最適です。電動フォーカスレンズでは、10mから無限遠までのフォーカスレンジが提供され、その範囲内で撮影距離をリモートでコントロール可能です。フォーカス位置を振動から守るためのセルフロック機構も組み込まれています。このレンズの特徴は下記の通りです。

13,000 ft から5cm GSD で撮影可能
・フォーカスレンジ 10 m 〜 無限遠
・絞り F8 F32
・最速シャッタースピード1/2000
・信頼性の RSシャッター 50万ショット保証


Rodenstock RS 180 mm:


180mm rd WEB.jpg

ドイツ Rodenstock Photo Optics で製造されたこのレンズは、iXM-RS150Fカメラとの組み合わせで、8,000 ft から 5cm GSDを実現します。iXM-RS/iXM カメラの超高解像度 BSI CMOS センサーで最高画質を実現、Phase One RS シャッターを組み込むことにより、高速撮影と信頼性を高めました。 RS 180mm レンズは、高高度航空 2D/3Dマッピングを強化、オブリーク撮影の効率を向上させます。このレンズの特徴は下記の通りです。

8,000 ft から 5 cm GSDで撮影可能
・絞り F6.3 F22
・最速シャッタースピード1/2000
・信頼性の RSシャッター 50万ショット保証


Phase One RS 150mm MK II:


R-150mm_MK_II_WEB.jpg

RS 150 mm MK IIレンズでは 6,500 ft の高度から 5cm GSD を提供し、 iXM-RS150Fカメラの15千万画素 超高解像度 BSI CMOSセンサーにより、高高度航空 2D/3D マッピングに最適な高品質画像を撮影することができます。このレンズの特徴は下記の通りです。

6,500 ft から 5cm GSDで撮影可能
・絞り F5.6 F22
・最速シャッタースピード 1/2500
・信頼性の RSシャッター 50万ショット保証



3 lenses composition+ixm.jpg

すべてのPhase One 産業用レンズは、RTCA DO160G 規格に準拠しており、高い堅牢性を有し、全画像領域にわたって性能および高変調について個別にテストされています。


価格と出荷:

Phase One RS 150 mm MK II は、即日出荷可能です。RSM 300mmAF RS 180 mmレンズは 20199月出荷予定で、全て受注を開始いたしました。

価格については、お問い合わせください。


ラベル:RSM レンズ iXM-RS iXM
posted by Phase One at 11:50| Industrial | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

Phase One iXM ファームウェア アップデート

iXM-header.png
Phase One iXM のファームウェア 1.02.4 がリリースされました。

iXM ファームウェア 1.02.4 の主な利点:
・iXM 100 Achromatic, iXM-RS150F Achromatic サポート
・DJI OSDK(3.7)サポート
・HDMI オーバーレイコントロール(フォーカスピーキングを含む)
・撮影残数表示に対応(撮影残数はストレージ容量に依存)
バグフィックスと改善点:
・ランダムなUSB 接続の切断を改善
・iXM 50 で ISO6400 で撮影すると1段暗くなる問題を改善
・電力不足時には起動しないように改善
・距離による DJI 自動撮影の改善
・GPSタイムスタンプの小数点以下のゼロを無視するように改善

iXM のファームウェアアップデートは Windows コンピュータから、Firmware Updater を使用して行います。
以下の手順に従って、アップデートしてください。

Phase One iXM ファームウェアアップデート手順
  1. アップデートには下記のものが必要です。
    @ アップデートする iXM カメラ (XQD カード不要)
    A iXM カメラ付属の USB-C ケーブル
    B iXM AC アダプタ
    C iXM 付属のヘキサゴンドライバー(USB-C コネクタ カバーを外すため)
    D Capture One または iX Capture が動作する Windows コンピュータ
    preparations.jpg

  2. Phase One Industrial のホームページにアクセスし、DownloadFirmware and Release Notes から、「Firmware Updater 3.4.0」と「Firmware 1.02.4 for iXM cameras」をダウンロードし、Firmware Updater 3.4.0 をインストールします。
    Capture One と iX Capture が終了していることを確認し、Firmware Updater を起動しします。
    スクリーンショット 2018-11-20 12.59.jpg

  3. iXM に ACアダプタを接続し、コンピュータとiXM をUSB ケーブルで接続します。
    Firmware Updater が iXM を認識すると、以下のように表示され、現在インストールされているファームウェアのバージョンを確認してください。
    iXM_FWup11.jpg
  4. ダウンロードした新しいファームウェア (.fwp) を Firmware Updater のウインドウにドラッグ&ドロップして追加します。
    iXM_FWup12.jpg

  5. 新しいファームウェアが追加されると、以下のような画面になります。
    iXM_FWup13.jpg

  6. 「Update」をクリックすると、ファームウェアが iXM に転送され、Update ボタンの隣に「Firmware uploaded, progress displayed on the device. (ファームウェアはアップロードされました。進行状況はデバイスに表示されます。)」と表示されますが、Firmware Updater は終了せず、起動したままにしておいてください。
    iXM_FWup14.jpg


  7. 下記のビデオのように iXM の LED 点滅パターンでファームウェアアップデートの進行状況が確認できます。

  8. ファームウェアアップデートが完了し、iXM が再起動すると、再び Firmware Updater に認識されますので、アップデートが完了しているかを確認して Firmware Updater を終了してから、Capture One または iX Capture で接続と動作をご確認ください。
    iXM_FWup16.jpg

    ※ Firmware Updater, Capture One, iX Capture いずれかを同時に起動してしまうと、それぞれのソフトウェアがカメラに接続しようとするため、接続が不安定になったり、認識できなかったりしますので、ご注意ください。(同時接続には対応しておりません)

posted by Phase One at 12:40| Industrial | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする