Phase One / MamiyaLeaf の最新情報を掲載しています。
お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へお願いいたします。


2019年03月08日

マシンビジョン用 カメラシステム iXM-MV リリース!

IXM-MV150_Camera_System1.jpg

Phase One Japan 株式会社(代表取締役 本⽥誠)は、ブレークスルー技術で開発したiXM カメラシステムの新機種としてマシンビジョン用 中判カメラシステム iXM-MV を発表、受注を開始いたしました。

iXM-MV カメラシステムは、15000万画素と1億画素の超高解像度 裏面照射 CMOS センサーを搭載し、それぞれにRGBフルカラー、およびアクロマティック(モノクロ)モデルが用意されており、工業用検査やプロセスコントロールから、映画フィルムのデジタル化や医用画像、科学的研究など、幅広いマシンビジョンアプリケーションに最適です。

iXM-MV カメラシステムは、裏面照射型大型 CMOS センサーにより、幅広いダイナミックレンジを実現、最先端の画像処理ソフトウェアと高品質なレンズなどの技術革新の融合により、最も厳しい要求に応えることができるシステムです。最も高解像度な Phase One iXM-MV150F カメラシステムでは、14204 x 10652ピクセル(ピクセルサイズ: 3.76 μm)を提供します。

ワイドフォーマットレンズ用の M72mm 標準レンズマウントを採用し、すべてのiXM-MVカメラは、高倍率でも高品質で知られるワイドフォーマット Linos Inspec.x レンズをオプションとしてラインアップしています。非常に高速な USB 3、および 10G Ethernet を搭載し、撮影画像の高速転送に対応しています。

非常にノイズの少ない、シャープな画像を出力する Phase One の優れた画像処理エンジンは、iXM-MVカメラに最適化されており、優れたディテール、シャープネス、カラーマネージメントを可能にします。

Phase One iXM-MV カメラシステムの詳細は、下記の URL をご参照ください。

https://industrial.phaseone.com/iXM-MV150F_Camera.aspx


Phase One 社 産業部⾨のジェネラルマネージャ Dov Kalinski は次のように述べています。
12bit14bit または 16bit のピクセル深度による15000万画素の超高解像度と 83dB の幅広いダイナミックレンジにより、全画面でこれまでにないほどのシャープネスとディテールをもたらします。そしてこの比類なき性能は、最も要求の厳しいマシンビジョンの要求に応えることでしょう。」


価格と出荷:
Phase One iXM-MVカメラシステムは、3/1から出荷を開始しました。
システムおよびシステム構成の価格については、japan@phaseone.com まで、お問い合わせください。


posted by Phase One at 10:00| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

IQ4 新機能 - セキュリティ

lock.png

IQ4は、セキュリティもこれまで以上に強化されました。
これまでのシンプルなボタンの組み合わせや長押しだけではなく、カスタマイズ可能な4桁のピンコードでカメラをロックすることができます。
この機能では、以下が可能になります。
  • ロックなし (No Lock)
  • ファームウェア/デフォルトにリストアをロックする (Lock Basic)
  • ユーザインタフェースをロックする (Lock UI)
  • カメラシステムをロックする (Lock System)
システムの設定が変更されてしまったり、ファームウェアを変更されないようにしておくことができます。

今回ご紹介した、IQ4 のセキュリティについては、来週1月29日に開催される
XF IQ4カメラシステム発表会 - Phase One Infinityツアー」でご体感いただけます。
イベントの会場等については、下記リンクをご覧ください。詳細は、随時更新致します。
http://phaseone.seesaa.net/article/463615265.html

イベント参加のお申し込みは下記の内容を japan@phaseone.com 宛にお送りください。

・お名前

・フリガナ

・お電話番号

・メールアドレス

・ご住所

イベント運営 

Phase One Japan(株)、(株)DNPフォトイメージングジャパン

お問い合わせ先

Phase One Japan(株) 営業部 Tel03-6256-9682

posted by Phase One at 16:37| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

IQ4 新機能 - ファイルフォーマットと Sensor+ 機能

IQ4FileFormat.jpg

IQ4 150MP では、多くのファイルフォーマットが用意されており、用途に合わせて柔軟に対応することができます。
ノイズを半減させることでダイナミックレンジを広げる独自の機能も搭載されています。
簡単にご紹介します。
※ ファイルサイズは被写体によって異なりますので、あくまで参考値です。

・L16 IIQEX (IIQ 16 Extended):
1億5100万画素 裏面照射型センサー独自のモードです。16bit 非圧縮、撮影時にノイズを半分に減らすことでダイナミックレンジを拡大しますが、それらの処理のためにキャプチャーレートは遅くなります。
ファイルサイズは約200MB で、L16 IIQとあまり変わりませんが、若干大きくなります。

・L16 IIQ (IIQ16 Large):
これまでの IIQ-L と同じく、16bit 非圧縮で撮影します。ファイルサイズは約200MB です。

・L14 IIQ (IIQ14 Large):
14bit 非圧縮 のモードです。非圧縮ですがファイルサイズは小さくなり、デジタルバックの処理も少なくなりますので、キャプチャーレートも高速になります。ファイルサイズは約150MB です。

・S14 IIQ (IIQ14 Smart):
14bit スマート圧縮モードで、L14 IIQ のと同等の画質でファイルサイズを小さくします。XQD カードに保存する撮影など、ストレージ容量が限られているときに便利です。ファイルサイズは約100MB です。

・S14+ IIQ (IIQ14 Sensor+):
14 bit の Sensor+ モードで、CCDモデルでご好評いただいていた Sensor+ 機能と同様に撮影範囲はフルフレームのまま、1/4の 約3700万画素で撮影することができます。ファイルサイズは約50MBです。


今回ご紹介した、ファイルフォーマットについては、来週1月29日に開催される
XF IQ4カメラシステム発表会 - Phase One Infinityツアー」でご体感いただけます。
イベントの会場等については、下記リンクをご覧ください。詳細は、随時更新致します。
http://phaseone.seesaa.net/article/463615265.html

イベント参加のお申し込みは下記の内容を japan@phaseone.com 宛にお送りください。

・お名前

・フリガナ

・お電話番号

・メールアドレス

・ご住所

イベント運営 

Phase One Japan(株)、(株)DNPフォトイメージングジャパン

お問い合わせ先

Phase One Japan(株) 営業部 Tel03-6256-9682

posted by Phase One at 18:51| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

IQ4 新機能 - Capture One Inside

CaptureOne_inside.jpg
これまでのデジタルバックは、カメラと別々に制御されていましたが、XF IQ4 カメラシステムでは「Infnity Platform」として、完全な一つのシステムとして統合、開発されました。
その一部として Capture One の現像エンジンが「Capture One Inside」として組み込まれています。
Capture One Inside 機能は、プレビュー表示やイメージ設定などでも使用されており、以下の機能を実現しています。

  • IIQ RAW ファイルと Capture One スタイルとの統合
  • カメラ内 JPEG 現像
  • プレビューのクオリティとパフォーマンス向上
  • ライブビュークオリティの向上

IQ4 は、XQD /SD のダブルスロットを搭載しており、XQD カードとコンピュータの両方に IIQ RAW データを保存しながら、SD カードに現像した JPEG ファイルを保存することも可能になりました。

今回ご紹介した Capture One Inside については、来週1月29日に開催される「XF IQ4カメラシステム発表会 - Phase One Infinityツアー」でご体感いただけます。
イベントの会場等については、下記リンクをご覧ください。詳細は、随時更新致します。
http://phaseone.seesaa.net/article/463615265.html

イベント参加のお申し込みは下記の内容を japan@phaseone.com 宛にお送りください。

・お名前

・フリガナ

・お電話番号

・メールアドレス

・ご住所


イベント運営 

Phase One Japan(株)、(株)DNPフォトイメージングジャパン

お問い合わせ先

Phase One Japan(株) 営業部 Tel03-6256-9682

posted by Phase One at 17:05| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

Phase One 1億5000万画素の解像力

Phase One IQ4 150MPiXM-RS 150F では、世界初の1億5000万画素の超高解像度を1ショットで撮影することができます。
今回は、その解像力を遠景撮影の作例でご紹介します。

01Fit.png
こちらの画像は、西新宿の高層ビル34階の会議室から北側を撮影したものの全体画像です。
iXM-RS 150F カメラに Schneider Kreuznach 80mm LS Blue Ring レンズを装着してガラス越しに撮影しています。

続きを読む
posted by Phase One at 11:00| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

Phase One オープンイベントin 紀尾井町 清水谷公園 / 1億画素中判カメラPhoto Shoot

c1-xf.jpg

最先端の1億画素中判デジタルカメラを実際に撮影、体験できるイベントです。
今回は紀尾井町 清水谷公園周辺を舞台にPhoto Shootを実施。
さらに撮影後は、プロフォトグラファーに愛用されている、テザー(パソコン連結撮影)& RAW 現像ソフト Capture One (キャプチャーワン)にて撮影された画像を作品に仕上げていくワークフローを分かりやすく解説。

最新の XF カメラシステム、IQ3 デジタルバック、極限まで色再現を高めた IQ3 100MP Trichromatic、ブルーリングレンズなどを、多数ご用意しております。
本イベントは、事前登録(予約)が必要となります。

【イベント詳細】
日程:2018年4月21日(土) 
時間:一部 9:30 − 12:00
   二部 13:30 −16:00
集合場所/現像会場:フェーズワンジャパン株式会社 東京事務所
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町 8F (地図)
東京メトロ各線 永田町駅4番出口すぐ、1Fがセブンイレブンのビル

撮影場所:紀尾井町 清水谷公園周辺
費用: 無料(要事前登録
定員: 一部・二部 各4名様

【内容/一部、二部とも同じ】
「Phase Oneカメラ撮影会」〜世界最高峰1億画素Photo Shoot〜
「Capture One 11現像ワークフロー」〜プロも活用、簡単Rawデータ現像体験〜

【持ち物】
CFカード 
※撮影データの記録用です
※16GB以上の容量をオススメ致します
※こちらでのカードの準備はありません

【注意事項】
・本イベント参加には事前登録が必要です。
・集合場所から撮影ポイントまでの移動時間約10分です。歩きやすいスタイルでご参加ください。
・天候によってイベントを中止する場合があります。
 中止の場合、前日 18:00までにお申し込みメールアドレス宛にご連絡いたします。
・定員に達してからのお申し込みの方は、キャンセル待ちでご案内させて頂きます。
・お客様ご自身のカメラ持ち込み、撮影も可能です。
・1億画素カメラの台数には限りがありますので、状況によって5,000万画素 あるいは 8,000万画素機になる場合もありますので、ご了承ください。

【参加申し込み】
本イベント参加には事前申し込みが必要です。
お申し込みは下記の内容を japan@phaseone.com 宛に下記の内容をお送りください。

● お名前
● 住所
● 電話番号
● メールアドレス
● 参加希望時間(一部 9:30-12:00 / 二部 13:30-16:00)

【個人情報の取り扱いについて】
ご連絡いただきましたお客様の個人情報は、Phase One Japan 株式会社でセミナー・製品情報等の連絡用に利用させていただき、お客様の承諾無くその他の第三者に対して提供致しません。

集合場所地図:

ラベル:100MP iQ3 iQ1 Capture One XF
posted by Phase One at 11:25| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

Phase One XF カメラ Touch & Try @赤坂見附

XF_100MP_Trichromatic_System_side_LowRes.jpg

Phase One XF カメラを実際に手にとってお試しいただくイベントを開催いたします。
最新の XF カメラシステム、IQ3 デジタルバック、極限まで色再現を高めた IQ3 100MP Trichromatic、ブルーリングレンズなどを、開催時間中にいつでもお好きな時間にご来場いただいて、手にとってお試しいただけます。
事前登録や予約も不要です。
Phase One XF カメラシステムが気になりながらもなかなか手に取る見る機会がない方、 Trichromatic の色再現性を実際に確認されたい方などなど、お気軽にご来場ください。

日時:2月14日(水) 15:00 〜 19:00
会場:DAYS 赤坂見附 4B 会議室 http://days-akasaka.tokyo/access/
費用:無料

会場地図:


posted by Phase One at 16:29| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

Phase One XF カメラ Touch & Try @ 永田町

XF_100MP_Trichromatic_System_side_LowRes.jpg

Phase One XF カメラを実際に手にとってお試しいただくイベントを開催いたします。
最新の XF カメラシステム、IQ3 デジタルバック、極限まで色再現を高めた IQ3 100MP Trichromatic、ブルーリングレンズなどを、開催時間中にいつでもお好きな時間にご来場いただいて、手にとってお試しいただけます。
事前登録や予約も不要です。
Phase One XF カメラシステムが気になりながらもなかなか手に取る見る機会がない方、 Trichromatic の色再現性を実際にご確認されたい方などなど、お気軽にご来場ください。

日時:1月30日(火) 15:00 〜 19:00
会場:ビジョンセンター永田町 B1F 101 https://www.visioncenter.jp/nagatacho/
費用:無料

会場地図:


ラベル:iQ3 Capture One XF
posted by Phase One at 16:28| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

1億9000万画素 航空撮影システム

iXU-RS1900_1.jpg
左: 190MP 航空撮影システム / 右: iXU-RS 1900 カメラ

Phase One は、1億9000万画素の画像が撮影可能なデュアルレンズ、デュアル CMOS センサーを搭載した画期的な新しい「190MP 航空撮影システム」と、その中核となる1億9000万画素カメラ「iXU-RS 1900」を発表しました。

この190MP 航空撮影システムは、リモートセンシング、モニタリング、検査、災害管理などの幅広い航空アプリケーションの難題に対応するために写真測量エンジニアやエキスパート達の協力を得て開発されました。広大な範囲を撮影することができながらも、軽量、低消費電力、高精度なシステムは費用対効果も非常に高く、これまでの高価なラージフォーマットカメラに取って代わることができます。

このシステムは、カメラの小型・軽量・省電力化により、これまでラージフォーマットを搭載できなかった軽飛行機やヘリコプターでも使用することができます。また、iXU-RS1900はシステムの一部としてだけでなく、写真測量、LIDAR システムコンポーネント、またはオブリークシステムのNADIR カメラのなどのマルチカメラの一部としてのスタンドアローンカメラにも最適です。
このシステムは、リモートセンシング、精密農業、災害管理、モニタリングなど、多様なマッピングアプリケーションの究極のソリューションとなります。

このシステムのコンポーネントと特徴は以下の通りです。

• iXU-RS 1900:
RGB画像を撮影するための2つのCMOSセンサーと2つの90mmレンズ、16,470 x 11,540ピクセルの広大な解像度、0.6秒の高キャプチャーレート、最高速1/2000秒のシャッタースピードなどを備えています。オプションの4バンド構成では、NIR 画像を撮影するために50mmレンズが追加され、4バンド(RGB, NIR)、またはCIR画像を提供します。

• iX コントローラー MK III:
システムの中心的なハブとなり、カメラ、ジャイロスタビライザーマウント、GNSS/IMU システムをコントロールし、撮影とフライトマネージメントを実行することができます。また、デュアルモニターをサポートしており、パイロットとオペレータが同時にモニタリングすることができます。

• iX Capture:
露出設定、ヒストグラム、GPSデータ、フレーム数などの重要な情報を表示する、直感的インターフェースを備えた航空撮影・画像処理ソフトウェアです。

• ジャイロスタビライザーマウント– Somag DSM400:
このシステム専用に設計された14kg の低重量でありながら、システムポッドを最適に安定させ、あらゆる飛行条件下での撮影を可能にします。

• GNSS/IMU システム:
撮影画像に直接位置情報を追加する Applanix POS AV システムを装備しています。他の GNSS/IMU システムとも互換性があります。正確な GNSS と慣性技術の統合により、POS AV は位置と姿勢の正確な決定を可能にします。

• フライトマネージメントシステム:
簡単にコントロール・操作できる TopoFlight フライトマネージメントシステムがインテグレートされていますが、他のフライトマネージメントシステムとも互換性があります。

詳しい情報は下記をご覧いただくか、 こちらへお問い合わせください。
http://industrial.phaseone.com/

ラベル:iX Capture ixu
posted by Phase One at 12:10| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

XF機能アップデート#4 リリース!

XFFU4.jpg

XFカメラに多くの画期的機能を追加する新しいファームウェア「XF 機能アップデート #4」がリリースされました。
このファームウェアをXFカメラにインストールすることで、以下の新機能が追加されます。

機能アップデート #4 カメラパッケージ内容:

• オートフォーカス & リコンポーズ モード (AFr)

- フォーカスを合わせた後にフレーミングが変更され、中心位置や角度が変更になった時のコサイン誤差を自動補正し、ピンボケを防ぎます。
*現在対応しているレンズ Schneider Kreuznach ブルーリング: 80mm LS f/2.8, 110mm LS f/2.8, 150mm LS f/2.8

• AFr ズーム
- AFr モードと連携し、補正されたフォーカス位置をIQ デジタルバックのスクリーンに拡大表示し、撮影直後にフォーカスを瞬時に確認することが可能になります。

• フォーカストリム ツール
- 全てのAFレンズで、専用のフォーカスターゲットとライブビューを使用して、簡単にレンズごとにフォーカストリム キャリブレーションをすることができます。
この機能により、レンズごとのフォーカス誤差を解消することが可能になります。

• オート・フォーカススタック・カリキュレータ
- デジタルバックの解像度、設定された絞り値、レンズ焦点距離から、フォーカススタックに必要なフレーム数を自動計算、設定します。
この機能により、フレーム数を予測やトライ&エラーに頼ることなく、スムーズに撮影を行うことが可能になります。
*現在対応しているレンズ Schneider Kreuznach ブルーリング: 80mm LS f/2.8, 120mm LS f/4.0 Macro, Phase One 120mm AF Macro f/4.0

• フォーカス ナッジ
- AFでフォーカスを合わせた後にダイヤルでフォーカスを微調整することができます。この機能により、レンズの AF/MF を切り替えることなくフォーカスを微調整することが可能になります。

• バイブレーション解析
- XFトップスクリーンに露光中のカメラの振動を視覚的に表示します。この機能により、露光中にカメラブレが起きていたかを瞬時に確認することが可能になります。

• 無期限バイブレーションディレイ
- 振動が収まるとシャッターがリリースされるバイブレーションディレイモードを拡張し、振動が収まるまでの待機時間を無期限に設定することが可能になりました。これにより、確実にカメラブレのない撮影が可能になります。

• Profoto リモート・シャッターリリース
- Profot Air リモートで XF カメラのシャッターリリースが可能になりました。この機能により、簡単にリモートでシャッターをリリースすることが可能になります。 *B/T モード非対応

• キャプチャー解析ポップアップ コントロール
- 撮影後にXFトップスクリーンに表示される視覚的フィードバックをカスタマイズすることができます。この機能により、撮影直後に確認したい項目を自由に選択することが可能になります。

• 電子シャッターの外部リリース(ES)
- 対応リリースケーブルから、電子シャッターのリリースが可能になりました。この機能により、さらに振動の少ない撮影が可能になります。

• イメージブラウズ
- XF カメラのダイヤルでIQ デジタルバックで画像をブラウズ可能になりました。この機能により、XFカメラのグリップから手を離すことなく、撮影画像をブラウズすることが可能になります。

• B.O.Bによる2ショット リリース

- XF 用のケーブルレリーズ アクセサリー B.O.B を使用して、最初にリリースボタンを押してミラーアップ、2回目でシャッターをリリースして撮影することができます。この機能により、ミラーアップによる振動を軽減することが可能になります。

アップデートについて
XF 機能アップデート #4 は、Phase One XF カメラシステムをお使いの方は、どなたでも無料で簡単にアップデートできます。詳しくは下記リンクをご参照ください。
https://www.phaseone.com/ja-JP/Products/Camera-Systems/XF-Platform-Feature-Updates/Feature-Update-4.aspx

posted by Phase One at 12:56| Phase One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする