Phase One / MamiyaLeaf の最新情報を掲載しています。
お問い合わせは Phase One Japan 株式会社 へお願いいたします。


2017年05月04日

Capture One 10.1 リリース!

COP10.1_EIZO-straight-MarieBaersch_4000px.jpg

Capture One Pro 10.1がリリースされましました。
新機能追加と機能改善が含まれたサービスリリースです。 

• PSDファイル表示をサポート: Capture One と Adobe Photoshopで簡単にファイルを受け渡しができるようになり、Capture One ワークフローからPhotoshopの処理に切り替えることができます。
• X-Transファイルサポートの改善: 富士フイルムカメラのユーザーのために刷新されたRAW処理プロセスにより、これまで以上にX-Transファイルを柔軟に調整・加工することができます。
• 新しいマスターリセット機能により、前後の画像表示操作がより手早く簡単になりました。
• スタイルワークフローの強化:スタイルツールのユーザーインタフェース刷新により、スタイル選択を簡単かつスピーディーに設定できます。
• トークンに対応したウォーターマークは、現像と印刷の両方で(例えばコンタクトシートのファイル名に基づいて)画像固有のウォーターマークが可能になりました。
• カラーホイールでベクトルスコープ方向が使用できるようになりました 。
• AppleScriptの対応が強化され、Macユーザーはより効果的に作業を自動化することができます。

新たに以下のカメラがサポートされました。

 - Pentax K-70
 - Pentax KP
 - Panasonic GH5
 - Nikon D5600 
 - Nikon D3400 
 - Fuji X-Pro 2
 - Fuji X-T20 
 - Fuji X-A10
 - Fuji XQ2
 - Panasonic TZ85 ZS60 TZ80
 - Panasonic TZ100 ZS100 TZ101
 - Panasonic FZ2000/FZH1
 - Panasonic GX8
 
新たに以下のレンズプロファイルが追加されました。

 - Nikon AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
 - Nikon 1 Nikkor VR 6.7-13 mm F/3.5-5.6
 - Nikon AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
 - Nikon AF-S NIKKOR 70–200mm f/2.8E FL ED VR
 - Panasonic Lumix G X Vario 35-100mm F2.8
 - Sigma 24mm F1.4 DG HSM | A #401
 - Sigma 50-100mm F1.8 DC HSM | Art #693
 - Sigma 85mm F1.4 DG HSM | A #321
 - Sony DT 55-200mm F4-5.6 (SAL55200)
 - Sony DT 55-200mm F4-5.6 SAM (SAL55200-2)
 - Sony E 18–200 mm F3.5-6.3 OSS (SEL18200)
 - Sony FE 100mm F2.8 STF GM OSS (SEL100STFGM)
 - Sony FE 85mm F1.8 (SEL85F18)
 - Sony Vario-Tessar T* FE 16–35 mm F4 ZA OSS (SEL1635Z)
 - Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
 - Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
 - Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2
 - Zeiss Distagon T FE 35 mm F1.4 ZA (SEL35F14Z)
 - Zeiss Loxia 2.4/85 (E-mount)
 - Zeiss Milvus 2/135 (ZE-mount)
 - Zeiss Otus 1.4/28 (ZE-mount)


その新機能と強化された機能は以下のとおりです。

• PSDファイルの読み込みをサポート
 - Capture One Proでは、PSDファイルをビューアに表示して、PSDファイルを編集するフロントエンドとして活用できます。
PhotoshopでPSDを編集・保存し、Capture Oneで互換性を保ったまま表示できます 。詳細情報はリリースノートを参照してください。

• 削除機能
 - 画像削除が変更され、新しい機能が追加され、選択から削除のプロセスで制御機能が向上しました。
 - 旧バージョン同様、アルバムにおける「削除」は、コレクションから選択したバリアントを削除します。
 - カタログゴミ箱(新機能)に移動 - コレクションから削除し、リンクされている画像をカタログ/セッションゴミ箱に移動します。 これはカタログのアルバムを整理したり、オリジナルファイルを同時に削除する場合に便利です。
 - 旧バージョン同様、ディスクからの削除でアプリケーションからファイルが削除され、オリジナル画像は(確認ボックスで承諾後)ディスクから完全に削除されます。

• 刷新されたX-transサポート:
 - フジX-transセンサーカメラのユーザーは、Capture One独自のツールを更に活用できるようになりました。LCC、色収差解析、パープルフリンジ除去ツールなどは、すべてワークフローで使用できるようになりました。
 - X-transファイルでもOpenCLがサポートされるようになりました。
 - Capture One 10.1はフジ X-transの圧縮RAWファイルをサポートしました。

• ビフォア・アフター - Altキーを押しながらマスターリセットアイコンをクリックすると、調整前後のRAWファイルをスピーディーに確認できます。

• スタイルツールのUIは刷新され、多くのスタイルコレクションや、スタックされたスタイルコレクションをメニューで簡単にプレビューできます。

• トークンウォーターマーク
 - 好評いただいているトークンがウォーターマークツールに採用されました。 数回クリックするだけでファイル名などのウォーターマーク動的に作成できます。また、他のツールと同様にトークンはテキストと組み合わせることもできます。 この機能は、印刷時のウォーターマークでも使用できます。
 - ウォーターマークのテキストのクオリティが向上しました。これは特に小さいファイル出力で確認できます。

• カラー調整のベクトルスコープ・カラーホイール
 - カラーホイールをビデオグレーディングアプリケーションで業界標準となっている「ベクトルスコープ」レイアウトに変更できます。

• AppleScript
 - 多くの機能がスクリプティングディクショナリに追加され、パワーユーザーは新しい自動化
を組むことができます。 追加・改善された機能は以下のとおりです。
 - キーワードのインポート、バッチ リネーム/バッチ カウンター、現在のコレクション、次のキャプチャー調整(構成)、カウンター出力、選択、カメラコントロール、ライブ表示の停止、フォルダ同期、調整クリップボード(コピー/ペースト)、ロギング/エラーメッセージの改善

• OpenCL UX初期化プロセスが改善され、環境設定上でステータス/結果/トラブルシューティングのヒントが表示されます。

ダウンロードはこちらから。
https://www.phaseone.com/ja-JP/Download.aspx

posted by Phase One at 18:14| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

銀一スタジオショップ Capture One Pro 10 セミナー 〜上級編〜

COP10_MacPro_Insert_Mawson_4000px.jpg

来たる 5/16 (火)に銀一スタジオショップセミナールームにて「Capture One Pro 10 セミナー 〜上級編〜」が開催されます。
小林 淳 氏を講師に迎え、新機能を中心としたクオリティーの高いRAW調整、各種スライダーの使いこなしを紹介するセミナーとなります。
セミナー参加のお申し込みと詳細は下記をご覧ください。
http://www.studioshop.jp/seminarlist/932-capture-one201705-2

講師:小林 淳 氏
日時:2017年5月16日(火) 14:00〜16:00 質疑応答:16:00〜16:30
場所:銀一スタジオショップ セミナールーム
   東京都中央区月島1-14-9
参加費:¥2,000
定員:20名

小林 淳 氏プロフィール
EIZO認定 ColorEdge Ambassador
Phase One認定 Capture One Ambassador
JPS 公益社団法人 日本写真家協会(09’〜15’ 写真著作権委員)
CPS会員(11/10/27〜12/4/20 キヤノンフォトサークル 第12期ジャンルマスター)
経歴
広告スタジオアシスタントからフリーのアシスタントとして4年間修行。1993年、フリーランスフォトグラファーとして活動開始。
美術芸術関連書籍を中心に広告、建築、料理、医療・経済情報誌など幅広く活動。 2009年からはカメラマンを中心に業界向けデジタルセミナーも行う。


セミナー会場地図


posted by Phase One at 14:22| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

Capture One 10.0.1 リリース!

COP10_Tangentlogo_3_Miloch_1900px.jpg

Capture One 10.01 がリリースされました。
レンズサポートの追加とバグフィックスを行ったサービスリリースです。

追加レンズサポート
 ・Schneider Kreuznach RS 110mm (Aerial)
 ・Schneider Kreuznach RS 150mm (Aerial)
 ・Rodenstock RS 32mm (Aerial)
 ・Sony FE 50mm F2.8 Macro
 ・Sony 28–75mm F2.8 SAM
 ・Sony 135mm F2.8 [T4.5] STF
 ・Sony ウルトラワイドコンバーター
 ・Sony フィッシュアイコンバーター
 ・Sony 300mm F2.8 G SSM II
 ・Sony 70–300mm F4.5–5.6 G SSM II
 ・Sony FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS

Mac バグフィックス:
 ・カーソルキーを押したままにして素早くイメージをブラウズした時の表示遅れを修正。
 ・Capture One が強制終了したときにクラッシュレポーターがクラッシュレポートを
  見つけられない問題を修正。
 ・コレクションが選択されていない場合にクラッシュし、次のコレクションを選択する
  問題を修正。
 ・Mac のクラッシュレポーターが、Capture One の正しいクラッシュレポートを
  見つけることができないことがある問題を修正。
 ・キーボードショートカットによるターゲットハイライト値の減少が機能しない問題を修正。
 ・カタログのライブラリにないカスタムICCプロファイルの名前が間違っている問題を修正。
 ・キャプチャーファイル名ツールのフォーマットフィールドに「/」を入力すると
  クラッシュする問題を修正。
 ・ICC がライブラリにない場合、カスタムICCでプリセット/スタイルを適用できない
  問題を修正。
 ・スタイルとプリセットツールに「適用されたスタイル」が無い問題を修正。
 ・フルスクリーンモードでライブラリを変更するとクラッシュする問題を修正。
 ・インポートウィンドウにイメージが表示されているときに、そのウィンドウを
  閉じるとクラッシュする問題を修正。
 ・カタログでスマートアルバムを移動するとクラッシュする問題を修正。
 ・スタイル適用前のマゼンタの色かぶりを修正。
 ・ルーペがサムネイルで機能しない問題を修正。
 ・新しい MacBook Pro の Iris GPU がフィットビュー(全体表示)でエラーを
  引き起こす問題を修正。
 ・MacBook Pro 2015 で Open CL を有効にしてバリアントをエクスポートすると
  クラッシュする問題を修正。
 ・OEM ではない Nvidia カードを搭載した Mac Pro のブラウザで画像を選択すると
  クラッシュする問題を修正。
 ・CMYKのカラーリードアウトで大きく異なる値を示す問題を修正。

Windows バグフィックス:
 ・Tangent ノブでブラシサイズを変更できない問題を修正。
 ・大きな TIFF がクラッシュする問題を修正。
 ・4.6.2より古い .NET がインストールされている場合にクラッシュする問題を修正。
 ・ウィンドウが小さいときには、リードアウトが表示されない問題を修正。
 ・ルーペが選択されているときにサムネール間をクリックできない問題を修正。
 ・Express と DB モードでソフトウェアのアップデートを確認できない問題を修正。
 ・DB モードを無効にすると、Express For Sony になる問題を修正。
 ・ドイツ語ローカライズの問題を修正
 ・「常にマスクを表示する」で露出を変更すると調整が表示されない問題を修正。
 ・セッションからファイルを削除しても、ブラウザウィンドウで次のイメージが
  選択されない問題を修正。
 ・ブラシツールのブラシ設定でサイズが正しく表示されない問題を修正。
 ・インポートウィンドウに複数のカードリーダーが表示されない問題を修正。
 ・EF-S 18-55mm f / 3.5-5.6 IS レンズが自動的に認識されない問題を修正。

Capture One 10.01 は下記からダウンロードできます。

・Capture One ダウンロード:http://www.phaseone.com/download

posted by Phase One at 12:33| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

Capture One Pro 10 リリース!

COP10_Tangentlogo_3_Miloch_1900px.jpg

Phase One は Capture One のメジャーアップデートとなる「Capture One Pro 10」をリリースしました。
ユーザからのフィードバックに基づき、インターフェイスの改善や内部調整機能など、最も高速で信頼性が高くパワフルな性能を備えたエキサイティングな新機能を搭載し、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。

Capture One Pro 10 のハイライトは以下の通りです:
 ・さらに高速なブラウジング、ズーミング、パンニングを実現
  新たなデフォルト・ワークスペース
 ・3ステップのイメージシャープニング
   - 新たなレンズツールオプション:回折によりシャープネス低下の回復
   - クリエイティブ・シャープニング:新たにハロ コントロールスライダーと
    描画アルゴリズムを採用、イメージ全体、または必要な箇所のみを鮮明化
   - 現像レシピツールの出力シャープニング設定:印刷イメージのシャープニングの
    最終出力イメージの距離(大きさ)を指定可能
 ・スクリーンプルーフィング:拡張プルーフモードで最終的なサイズ、解像度、カラー、
  圧縮方法、シャープネスをシミュレート
 ・将来を見据えたイメージ編集:Tangentパネルシステムから Capture One Proに直接アクセス
 ・テザー用カメラフォーカスツールモジュール

新機能:
 ・3ステップシャープニングツール
 ・出力プルーフィング
 ・新たな直感的なデフォルトワークスペース
 ・テザーカメラ用フォーカスツールモジュール
 ・Tangent パネルとの完全統合
 ・新しい表示フィルターオプション:イメージの向きによる検索
 ・JPEG 出力サイズ / クオリティ最適化
 ・カタログ内のフォルダーの移動
 ・編集可能なファイルタイプを拡張した(X-Trans を含む)オートマスク
 ・圧縮 RAW とフジカメラのサポートを改善
 ・ハードウェアアクセラレーション- OpenCLがデフォルトで有効に
 ・100MP用ストライプ削減LCC
 ・最適化されたLCC作成
 ・コンピューターID管理によるアクティベーション
 ・ Appleスクリプト 新プロパティ ( Mac のみ )

追加カメラサポート:
 Olympus E-M1 mk-II、Sony RX100M5、Sony A6500

追加レンズプロファイル:
 Sony FE 70-200 mm、Sony F4 G OSS、Carl Zeiss Sonnar T* FE 55 mm F1.8 ZA

対応 OS:
 Windows 7 SP1 64bit, Windows 8 64bit, Windows 10 64bit (version 1607)
 Mac OS X 10.11.6 El Capitan, macOS Sierra (10.12)

Capture One Pro 8 あるいは 9 をお持ちの方は、アップグレード価格でご購入いただけます。
2016年11月1日〜11月30日にCapture One Pro 9 をお買い上げいただいたお客様には猶予期間として、無料でアップグレードすることができます。
対象のお客様は、すでにお持ちのライセンスキーで Capture one 10 をアクティベーションできます。
新規購入のお客様はCapture One Pro 10 を 279ユーロでお求めいただけます。
Capture One Pro はサブスクリプションでもお求めいただけます。 Capture One Pro をサブスクリプション契約されているお客様は、そのまま新しい Capture One Pro 10 をお使い頂けます。

・Capture One ダウンロード:http://www.phaseone.com/download

posted by Phase One at 18:40| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

Capture One 9.3 リリース!

COP-EIZO_Side1_web.jpg

Capture One 9.3 がリリースされました。
Capture One Pro 9.3 では、Phase One と EIZO の協業によって、高精度なカラーマネージメント機能を搭載しました。これにより、クリックひとつで Capture OneからEIZO ColorEdge CG シリーズモニターのプロファイルを作成することができます。
また、 Canon 5D Mk IV、Fujifilm X-E2s、Fujifilm X-T2、Panasonic GX80/Panasonic GX85、Phase One Industrial iXU-RS カメラシリーズなどのカメラサポートを追加し、 Sony、Canon、Olympus、Nikon のレンズプロファイルが追加されました。

新機能:
EIZO モニターキャリブレーション
サポートされているモニター
 ・CG245W
 ・CG275W
 ・CG246
 ・CG276
 ・CG247
 ・CG277
 ・CG247X
 ・CG248 (UHD 4K)
 ・CG318 (DCI 4K)

追加されたカメラサポート:
 ・IQ1 100MP
 ・iXU-RS160
 ・iXU-RS180
 ・iXU-RS160 Achro
 ・iXU-RS150
 ・iXU-RS1000
 ・Canon 5D Mk IV (デュアルピクセル未対応)
 ・Fujifilm X70
 ・Fujifilm X-E2s
 ・Fujifilm X-T2
 ・Panasonic GX80
 ・Panasonic GX85

追加されたレンズプロファイル:
 ・Schneider Kreuznach LS 45mm f/3.5
 ・Schneider Kreuznach LS 150mm f/2.8
 ・Canon EF 14mm f/2.8 II USM
 ・Canon EF 180mm f/3.5L Macro USM
 ・Canon EF 200mm f/2L IS USM
 ・Canon EF 28mm f/2.8 IS USM
 ・Canon EF 300mm f/2.8L IS II USM
 ・Canon EF 50mm f/1.8 STM
 ・Canon EF 50mm f/2.5 Compact Macro
 ・Canon EF 70-200mm f/2.8L USM
 ・Canon EF-M15-45mm f/3.5-6.3 IS STM
 ・Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35 mm F2.8 ZA SSM II
 ・Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24–70 mm F2.8 ZA SSM II
 ・Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70 mm F4 ZA OSS
 ・Nikon AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
 ・Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm 1:4.0-5.6 II
 ・Sony 1.4x Teleconverter
 ・Sony 2x Teleconverter
 ・Zeiss Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
 
Capture One 9.3 は下記からダウンロードできます。
https://www.phaseone.com/en/Download.aspx
posted by Phase One at 14:16| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

Capture One 8.3.5 for Windows リリース!

CO8.jpeg

Capture One 8.3.5 for Windows がリリースされました。
これは Windows 10 Anniversary Update を実行した場合の問題に対応したバージョンです。
Capture One 8.3.5 for Windows はソフトウェアアーカイブCapture One インストーラー for Windows からダウンロードできます。

ソフトウェアアーカイブ Capture One インストーラー for Windows

posted by Phase One at 12:57| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

Capture One 9.2.1 リリース!


Capture One Pro 9.2.1 がリリースされました。
バグフィックスとレンズプロファイルが追加されたサービスリリースです。

バグフィックス Mac:
・カタログのアップグレード・修復に関連するいくつかの問題を修正
・Nvidia GTX 980 Ti などの一部のグラフィックスカードを搭載した Mac で OpenCL を有効にした時の問題を修正
・特定のメタデータツール使用に関連する安定性の問題を修正
・いくつかのローカライズの問題を修正
・F キー(ファンクションキー)をショートカットに設定した時の問題を修正
・カタログの検証でメタデータが失われることがある問題を修正
・LCC ゴミとりに関するバグを修正
・その他、マイナーなバグフィックスと改善

バグフィックス Windows:
・Capture One Express (for Sony) の安定性の問題を修正
・フジ X-Pro 2 ファイルをインポートするときにクラッシュする問題を修正
・X-Pro 2 ファイルにレイヤーを作成するときにハングアップする問題を修正
・スタイルのプレビューに関する問題を修正
・LCC ゴミとりに関するバグを修正
・いくつかの OpenCL の関連の問題を修正
・その他、マイナーなバグフィックスと改善

追加レンズプロファイル
・Canon EF 35mm F 1.4 II USM

Capture One 9.2.1 は下記からダウンロードできます。
https://www.phaseone.com/en/Download.aspx
posted by Phase One at 12:29| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

Capture One 9.2 リリース!


Capture One Pro 9.2 がリリースされました。
新機能、対応カメラ、レンズが追加されました。

追加対応カメラ:
 - Pentax K-1
 - Nikon D500
 - Canon EOS M10
 - Canon G5x
 - Canon G7x MkII
 - Canon G9x

追加対応レンズ:
 - Canon EF-S 18-135 f3.5-5.6 IS USM
 - Sony FE 50mm f1.8
 - Sony FE 70-200mm f2.8 GM OSS
 - Sony FE 28mm f2
 - Sony E 35mm f1.8 OSS
 - Sony 70-200 mm F2.8 G SSM II
 - Panasonic Lumix G Vario 14-140mm f3.5-5.6 ASPH Power O.I.S
 - Canon G5x
 - Canon G7x MkII
 - Canon G9x

新機能:
Capture One Pro 9.2 では、以下のようにワークフローツールが強化されました。
・カーソルツール全てがショートカットで切り替え可能
・サムネールブラウザで選択された画像セットの前後のセットを選択可能
・Helicon Focus との連携が可能
・キーボードショートカット編集でさらに多くのショートカット割り当てが可能
・カラーエディタで選択された色からレイヤーマスクの作成がバッチ処理可能

Capture One 9.2 は下記からダウンロードできます。
https://www.phaseone.com/en/Download.aspx
posted by Phase One at 10:52| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

Capture One 9.1.2 リリース!

COP9-newsletter_675px2.jpg

Capture One 9.1.2 がリリースされました。バグフィックスとカメラ・レンズサポートが追加されたサービスリリースです。

追加カメラサポート:
・Canon 1Dx Mk II + 連結サポート
・Canon 80D + 連結サポート
・Canon 1300D + 連結サポート
・Nikon D5 + ライブビューサポート
・D810A ライブビューサポート 追加
・Panasonic DMC-G70

追加レンズサポート:
・Olympus Zukio Digital ED 8mm Fisheye 1:3.5
・Olympus M.Zuiko ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
・Zeiss Loxia 2/35 (E-マウント)
・Zeiss Loxia 2/50 (E-マウント)
・Zeiss Loxia 2.8/21 (E-マウント)
・Zeiss Touit 2.8/12 (E-マウント)
・Zeiss Touit 1.8/32 (E-マウント)
・Zeiss Touit 2.8/50 (E-マウント)
・Zeiss Batis 2.8/18 (E-マウント)
・Sony FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS
・Panasonic Lumix G Vario 14-140mm f3.5-5.6
・Rodenstock HR Digaron-SW 5.6/90 mm/Aerial
・Rodenstock ALPA HR Alpagon 5.6/90mm

バグフィックス: Windows
・インポート/バックアップ等のファイルブラウザダイアログを開いた時にクラッシュする問題を改善
・様々なクラッシュの問題を改善
・スポットツールとローカルホワイトバランスの問題を修正

バグフィックス: Mac
・いくつかの画像でサムネイルアイコンが生成されるときにクラッシュする問題を修正
・クロップツール:クロップツールの単位が維持されないバグを修正
・ライブラリツール:名前でソートするときにカタログフォルダが誤ってソートされる問題を修正
・ライブラリツール:システムフォルダで新しいごみ箱フォルダとして設定できない問題を修正
・スポットツールとローカルホワイトバランスとの問題を修正

Capture One 9.1.2 は下記からダウンロードできます。
https://www.phaseone.com/en/Download.aspx
posted by Phase One at 10:54| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

Capture One 9.1.1 リリース!

COP9-newsletter_675px2.jpg

Capture One 9.1.1 がリリースされました。
バグフィックスとカメラサポートが追加されたサービスリリースです。

追加カメラサポート:
・Fuji X-Pro2 (暫定対応、ロスレス圧縮は非サポート)
・Nikon D5 (暫定対応、12 bit 非圧縮、ライブビューは非サポート)
・Sony RX-10 M3

Windows バグフィックス:
・エクスポートダイアログのレシピが再起動後に保持されない問題を修正
・現像レシピの ICC プロファイルが 9.1 インストール後にカメラプロファイルに変更される問題を修正
・ドイツ語で「バッチ リネーム」の表示が間違っていた問題を修正
・セッションをカタログにインポートできない問題を修正
・カーソルツールのドロップダウンメニューで1項目のみが表示された問題を修正
・自動調整ボタンに下向き矢印が表示されないのを修正
・カーブポイントピッカーが表示されない問題を修正
・クラッシュに関する様々な問題を修正

Mac バグフィックス:
・ライブラリーツール:安定性とパフォーマンス向上、UI 修正(セッションとカタログ両方)
・メタデータツール UI 修正
・キャプチャー設定のツールTIPS を幾つか修正
・バッチ リネーム:名前に「.」が含まれていた時の問題を修正
・クロップツール:クロップの単位をインチに戻した時の問題を修正
・「開く方法」で一部のローカライズ版で希望するアプリの選択ができない問題を修正
・AppleScript:キャプチャーパスを設定する時の問題を修正
・クラッシュに関する様々な問題を修正

Capture One 9.1.1 は下記からダウンロードできます。
https://www.phaseone.com/en/Download.aspx

posted by Phase One at 11:39| Capture One | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする